現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ニムフォイデス・クリスタータ

ニムフォイデス・クリスタータ  

和名ヒメガガブタと呼ばれるように、小さなガガブタといったイメージです。
葉の裏と淵が茶色く変色しやすい特徴を持っています。花は非常に小さな白い花を咲かせます。幾つもの蕾を水中で育て、1つの浮き葉から代わる代わる花を咲かせます。

ビオトープやで栽培する場合は特に春先に追肥をすると状態良く育ちます。
バナナプラントに似た殖芽をつけることでも知られていて、冬場は葉が溶けて殖芽だけで過ごし、暖かくなるとまた浮き葉を出します。


Photo  

ニムフォイデス・クリスタータ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名姫鏡蓋、ヒメガガブタ
学名Nymphoides cristata
英名Crested floating heart、White water snowflake, White snowflake
分類ナス目、ミツガシワ科、アサザ属
Order:Solanales,Family:Menyanthaceae,Genus:Nymphoides
分布中米
栽培難易度やさしい(野外の場合)
必要な光量*120W蛍光灯×3~4(水面の場合は2灯)
CO2添加*2
底床ソイル・砂・大磯
水質適正水温20~30℃
Ph5.5~7.5
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ高さ20cm、広がり10cm
葉のサイズ6~8cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

温帯スイレンで、栽培に関してはガガブタと同じでノーマルのスイレンに準じます。

本種は暑さにも強いのであまり管理をしないでも睡蓮鉢で育てることができます。本種も環境に適応すると非常に厄介な外来種になるので、放流などは絶対に止めましょう。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例