現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ガガブタ

ガガブタ  

浮葉性植物で10cm程のハート型(円心形)の葉を水面に浮かべます。
睡蓮のような丸い葉も魅力的ですが、何より毛の生えたような白と黄色の花弁は必見です。なかなか咲かない場合は温度を下げるとトリガーになります。

地下茎を出して増えていきます。水面に広がると下の水草へ光を遮るため、水草水槽よりもビオトープ向きです。

日本原産ということで水質は特に気にしなくても殖やせます。


Photo  

ガガブタ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名鏡蓋、ニムフォイデス・インディカ、イカリモ、オトコジュンサイ
学名Nymphoides indica
英名Water Snowflake
分類ナス目、ミツガシワ科、アサザ属
Order:Solanales,Family:Menyanthaceae,Genus:Nymphoides
分布日本、台湾
栽培難易度やさしい
必要な光量*120W蛍光灯×2(水中は不可)
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~26℃
Ph6.0~7.5
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ高さ20cm、広がり10cm
葉のサイズ6~10cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

日本原産ということで水質は特に気にしなくても殖やせます。

秋口になると太い茎のような根(殖芽)を出して越冬のための栄養をためます。それとは別に白い根を出して土に根を張ります。
そのため水槽に入れる場合は鉢のようなものに植えた状態で沈めるか、水深を10cm以下にしてソイルに根張りするようにすると綺麗に育ちます。

大きな睡蓮鉢に土と低めの水を入れておけば、特に何もしなくても殖えます。葉は越冬できませんが、殖芽が残っていれば春先には綺麗に葉が広がります。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例