現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > コームテール・パラダイスフィッシュ

コームテール・パラダイスフィッシュ  

ベタ属と同じオスフロネムス科で酸素濃度が低くても水面から空気を吸い酸素を吸入することが出来る。闘争心が強い点も似ている。
状態が良いと赤が強く出て、特徴である後ろになびく背ビレと尻ビレがひらひらとたなびく。
メスは地味な印象でヒレもそれほど長くならない。
産卵も可能なようだがその強い縄張り意識から倦厭するショップも多くあまりメジャーな種ではない。
独特で面白い産卵風景を見たい方にお薦めだ。


Photo  

コームテール・パラダイスフィッシュ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Belontia signata
英名Ceylonese combtail
分類キノボリウオ亜目(アナバス亜目)、オスフロネムス科、ベロンティア属
通称コームテール・パラダイスフィッシュ、ベロンティア・シグナータ、ベロンティア・シグナタ
分布スリランカ:マハウェリ川、ケラニ川、カル川流域
最大体長18cm
寿命5〜8年
人工飼料冷凍飼料活餌赤虫が好物なようだ。
適性な水質温度22〜26℃
PH6.0〜7.5
硬度軟水
飼育難易度やさしい
繁殖難易度難しい
オスメスの見分け方オス特徴的な背ビレと尻ビレが長く鮮やか
メスヒレが短く赤みも控えめ
水槽内で好む高さ上層、中層
混泳での注意点臆病な性質でテリトリーに入るものには好戦的になる。原則単独で、繁殖を狙うならペアでの飼育が望ましい。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど現地での生息に近づけるため隠れ家や産卵床用に水面まで達する水草。ブリクサ?ササバモ?がいいだろう。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*12匹

特徴・飼育上の注意  

水質にはそれほどうるさくないようだ。現地では昆虫や幼虫、植物性のプランクトンなどを食べている。
エサは人工飼料にも慣れるので心配ない。赤虫が好物なので餌付きが悪ければあげてもいいだろう。大きな川で水面まで達する水草に隠れて生息しているため、テリトリーを荒らされることを嫌う。混泳はあまりおすすめできない。
オスが水草の裏に泡巣を作って、底にメスが産卵する。最大で500個ほどの卵を産む。受精が済むとオスが口で卵を移動させて、新たな巣のような場所へ移動させる。
自然の環境下ではオスメス揃って卵をパトロールするが水槽という限られた空間ではオスがメスを威嚇し、場合によっては死に至らしめるほど攻撃することがある。
この時の飼育には注意をはらう必要があるだろう。
2〜3日ほどで孵化する。稚魚は大きくすぐにブラインシュリンプを食べられるが、人工飼料を細かく砕いたものでも問題なく飼育できる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています