現在位置 : トップページ水草図鑑その他水草図鑑 > アヌビアス・ハスティフォリア

アヌビアス・ハスティフォリア  

耳のような出っ張りを葉の両端に持つ種です。
新芽にはありませんが、成長すると耳が顕著になります。成長すると葉柄の部分が長く、耳が成長して三角形になるのでシャープで高級感のある水槽になります。

積極的に葉柄を伸ばして水上葉を展開しようとするタイプで、葉を密生して見せたい場合や、前景や中景には向きません。
水中では20cm程度にしかなりませんが、水上葉は30cm以上の大型の葉をつけ、背丈も1m以上になる大型種ですので注意が必要。大型水槽でオープンアクアリウム時に外に飛び出させるようなレイアウトに向いている。

栽培に関してはアヌビアス・ナナに準じます。


Photo  

アヌビアス・ハスティフォリア
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Anubias hastifolia
英名
分類サトイモ目、サトイモ科、アヌビアス属
Order:Arales,Family:Araceae,Genus:Anubias
分布アフリカ熱帯地
栽培難易度非常にやさしい
必要な光量*120W蛍光灯×1
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~30℃
Ph6.0~8.0
GH(総硬度)7~15
KH(炭酸塩硬度)4~12
サイズ全体のサイズ100cm
葉のサイズ15~20cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方株分け
成長速度普通
活着
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景

栽培上の注意  

栽培に関してはアヌビアス・ナナに準じます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例