現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > ラージリーフ・ハイグロフィラ

ラージリーフ・ハイグロフィラ  

光に向かてまっすぐ伸びる茎と、幅広で大きな葉が特徴のハイグロフィラの仲間です。
対生した葉が十字に出るのでごちゃごちゃせず、見た目がすっきりとしています。

水中葉はシワのある小さな葉で濃いグリーンですが、水中葉は幅が広くライトグリーンになります。真っ直ぐに伸びることからレイアウトには使いやすく、大型水槽のセンタープランツに持って来いの種と言えます。


Photo  

ラージリーフ・ハイグロフィラ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名ジャイアントハイグロ、ラージリーフハイグロ、ハイグロフィラストリクタ
学名Hygrophila stricta
英名Giant Hygrophila
分類シソ目、キツネノマゴ科、オギノツメ属
Order:Lamiales,Family:Acanthaceae,Genus:Hygrophila
分布東南アジア、インド、インドネシア
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1/4滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~28℃
Ph6.3~7.5
GH(総硬度)2~15
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ7~10cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景

栽培上の注意  

テンプル・プラントに特徴が似ていて、調子を落とすと下葉が落ち、調子が良いと新葉が赤みを指します。逆に新葉が白くなるようだと栄養不足です。
水質にはうるさくないですが、CO2は添加したほうが状態良く育ちます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例