現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > モコキエラ・パイネイ

モコキエラ・パイネイ  

シエラレオネの熱帯雨林原産のナマズの仲間。

1属1種の珍しいタイプで、最大でも4cmと小柄ながら、ナマズらしい特徴をぎゅっと含めた飼いごたえのある種。
黄土色の体色にシミのような茶褐色の模様がランダムに入る。成熟するにつれ模様は複雑になり、ちょうど朽ちた葉っぱのような見た目になる。

環境によって体色を変えることができ、黒っぽい底床だと黒っぽく変化する。

丸く潰れた顔で、口はナマズの仲間にしては小さい。上顎に付いたヒゲは普通のヒゲで、下顎に付いたヒゲは途中で3回ほど枝分かれをする。
各ヒレは小さく全体としてぼってりとした印象を受ける。

2014年5月27日に絶滅危惧種に登録されたためワイルドものの流通は停止した。


Photo  

モコキエラ・パイネイ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Mochokiella paynei (Howes, 1980)
英名Payne's Synodontis、Payne's Catfish
分類ナマズ(Siluriformes)目、サカサナマズ(モコクス)(Mochokidae)科、モコキエラ(Mochokiella)属
通称
分布シエラレオネ
最大体長4cm
寿命3~5年
人工飼料冷凍飼料活餌など。雑食性で、沈水性のごく小粒タイプの餌が向いている。
適性な水質温度22~24℃
PH6.5~7.5
硬度軟水~硬水:6~16°d
飼育難易度普通
繁殖難易度繁殖については例がなく詳細不明。飼育者の加筆を求む。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:大人しい
気が弱いので十分な隠れ家を作り、ちょっかいを出す種との混泳は避ける。
気をつけたい病気白点病
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*141匹

特徴・飼育上の注意  

熱帯雨林の小川に棲息するため、落ち葉や流木が堆積したブラックウォーターを好むため、マジックリーフ等を入ると良い。

底床は細かな砂状のものが向いており、流木などの影に砂を掘って身を潜める。大人しく臆病な性格をしているため、6匹程度のまとまった数で飼育したい。

雑食性で、沈水性のごく小粒タイプの餌が向いている。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています