現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ミナミシマウシノシタ

ミナミシマウシノシタ  

カレイ目に属しているだけあって、平たい体型が特徴。
やや長細い楕円形で、体に茶褐色の斑点がある。目は非常に小さく、口は顔の横に斜めに配置されている。

純淡水でも飼育可能な種。しかし多少の塩分があったほうが調子が上がる。

別名インドシタビラメと呼ばれるように、分布が広く、世界中の海で生息している。


Photo  

ミナミシマウシノシタ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Brachirus orientalis、Synaptura orientalis(Schneider & Bloch 1801)
英名Oriental sole
分類カレイ目、ササウシノシタ科、ミナミシマウシノシタ(Synaptura)属
通称インドシタビラメ、淡水シタビラメ、舌平目
分布紅海、インド、マレーの半島東部、ペルシャ湾、中国、北オーストラリアなど
最大体長30cm
寿命-年
活餌イトメ?赤虫も好物。人工飼料で餌付かせるのは難しい。
適性な水質温度22〜25℃
PH弱酸性
硬度
飼育難易度
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ底層
混泳での注意点大人しく多くの魚と混泳できるが、口に入る生体は食べられてしまうので注意。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど底床を口でさらうようにエサを探すので細かな砂状の底床が望ましい。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*12匹

特徴・飼育上の注意  

エイなどと似て、水質の変化に弱い。ヒレや棘が取れやすいため、傷が付くようなアクセサリは避けたほうが無難。

淡水で飼育できるが、塩分があったほうが調子が上がる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

飼育情報
体長約15cm程度
餌は主に赤虫や糸ミミズなど生き餌をドライや冷凍した物
人工飼料に餌付けするには根気が必要かと
混泳は同程度の大きさ(クテノポマならいける)なら大丈夫ですが、底性のコリやドジョウ類とは虐められたり、シタビラメに喰われる可能性があります

汽水でも飼育可能

脱走に注意

あまり輸入されない(淡水カレイの方が輸入される) (9mano5さん 2012-12-31 (月) 16:33:34

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています