現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ミクロラスボラ・ルベスケンス

ミクロラスボラ・ルベスケンス  

ミャンマー・インレー湖原産のラスボラ。

別名ピンクラスボラとあるように幼魚の時はピンク色をしている。成長すると赤みを差してきて、オレンジっぽい色になり、全体の印象としては調子の良い時のヒメダカにそっくりになる。

生息地であるインレー湖は閉ざされた湖で、多くの固有種が報告されている特殊な湖。
水質も独特で多少硬度の高い、中性~弱アルカリよりの水質が適正になる。そのため、酸性でなければ飼育できない魚や水草とは合わせられない。

生息域の標高が900mにあり、夏場の水温もせいぜい25℃程度なので、30℃を超えるような高水温には耐えられない。


Photo  

ミクロラスボラ・ルベスケンス
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Microrasbora rubescenns (Annandale, 1918)
英名Red Dwarf 'Rasbora'
分類コイ(Cypriniformes)目、コイ(Cyprinidae)科、ミクロラスボラ(Microrasbora)属
通称ピンクラスボラ
分布ミャンマー・インレー湖
最大体長3.8cm
寿命3~5年
人工飼料冷凍飼料活餌など。なんでもよく食べる。
適性な水質温度21~25℃
PH7.0~8.0
硬度軟水~非常な硬水:10~25 °d
飼育難易度普通
繁殖難易度やさしい
繁殖も容易でモスを敷き詰めておくと自然に増えることも多い。
オスメスの見分け方オスオスのほうがカラフルで、スリムな体型をしている。
メス
水槽内で好む高さ上層~中層
混泳での注意点気性:大人しい
臆病なため同種での混泳推奨。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなどクーラーやファン、背の高い水草など隠れ家
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*143匹

特徴・飼育上の注意  

生息地であるインレー湖は閉ざされた湖で、多くの固有種が報告されている特殊な湖。
水質も独特で多少硬度の高い、中性~弱アルカリよりの水質が適正になる。標高が900mにあり、夏場の水温もせいぜい25℃程度なので、30℃を超えるような高水温には耐えられない。
そのため、酸性でなければ飼育できない魚や水草とは合わせられない。

また水流も嫌うので、ろ過装置にも工夫が必要。

とても臆病なので水草を密生させて隠れ家を作ると良い。

水質に関しては多少手が掛かるが餌食いは良く、飼育は難しくない。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています