現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > ヘミアントゥス・グロメラツス

ヘミアントゥス・グロメラツス  

北米原産のパールグラスに似た種。Micranthemum glomeratusとされていたもの。

非常に小さな葉が茎の周りに密生するように生える。小型水槽でジャングルのような雰囲気を出すのに向いてる。コマ目なトリミングを行わないと下の部分が枯れて浮いてきてしまう。光量がたりないと上にばかり伸び、光量が多いと横に這うように成長する。

日本ではパールグラス系は安価で流通するためデナリー社のものはあまり流通しない。


Photo  

ヘミアントゥス・グロメラツス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名M31、ミクロソリウム・グロメラツス
学名Hemianthus glomeratus
英名
分類ゴマノハグサ目、ゴマノハグサ科、ヘミアントゥス属
Order:Scrophulariales,Family:Scrophulariaceae,Genus:Hemianthus
分布北米(東海岸)
栽培難易度やさしい
必要な光量*120W蛍光灯×2
CO2添加*2必要(1秒に1/3滴)
底床ソイル
水質適正水温18~26℃
Ph5~8
GH(総硬度)10~30
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ
葉のサイズ30cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方株分け
成長速度普通
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景×

栽培上の注意  

まず、非常に繊細な根なので浮き上がらないように底床に植えこむのが難しい。粒の細かい底床を使うか、ある程度の塊で植えた上から底床をかぶせて固定するなど、工夫が必要。

うまく植えても光量が少ないと上に伸びます。底床付近は光が届きにくいので特に強い光量が必要です。
上に伸びすぎると下が枯れて浮いてしまうことがあるので、適当な長さでバッサリとカットする必要があります。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

''''
簡単に増えました。(名無しさん 2014-10-30 (木) 02:18:34


このレビューが参考になった…投票 6 

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例