現在位置 : トップページ水草図鑑その他水草図鑑 > ヘアーグラス

ヘアーグラス  

草原レイアウトの王道。細い葉と濃い緑でうまく密生させると綺麗に生えそろった芝生を見るような気持ちのよい印象を受けます。
本種と石だけでレイアウトすると小さな草原を水槽内に再現したような清涼感あふれる水景を作ることができます。

針のように細い葉を密生させる様は動物の毛のようにも見えるため、モフモフ状態とも言われます。


Photo  

ヘアーグラス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名マツバイ、松葉藺
学名Eleocharis acicularis
英名
分類カヤツリグサ目、カヤツリグサ科、ハリイ属
Order:Cyperales,Family:Cyperaceae,Genus:Eleocharis
分布アフリカ
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1/3滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~28℃
Ph5.5~7.5
GH(総硬度)4~12
KH(炭酸塩硬度)4~8
サイズ全体のサイズ10cm
葉のサイズ3~10cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方ランナーによる株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景×

栽培上の注意  

状態良く維持するには強めの光量とCO2の添加が必須ですが、環境に適応してしまえば根張りも強く、ランナーで次から次へと増えるため、全面を覆い尽くすのも容易です。

束でまとめて売られていますが、丁寧に5本程度にバラして植えていきます。
株と株の間隔を5cm程度で植えこんでいくとすぐに草原のようなレイアウトになります。
新しく導入した当初は環境に適応するまで成長が鈍化しますのであまりに強い光だとコケてしまいます。

また、水上葉を販売している場合が多いと思いますが、水上葉は一度枯れても、水上葉が生えてくるので安心してください。

根付くと成長が早く、底床の肥料分を消費するので、葉の緑が薄くなるようなら底床用の肥料を追加してください。液肥も有効ですが、その形状から糸状のコケがつきやすくオススメできません。

万が一黒ひげゴケなどに覆われてしまったら、バッサリとトリミングしてください。根が元気ならまた新しい葉が生えてきます。コケの処理にはエビがお勧めです。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例