現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > ブリクサ・ショートリーフ

ブリクサ・ショートリーフ  

草むらという表現がピッタリの前景~中景に最適な種です。ロゼット型に見えますが、有茎草でごく短い茎を持っています。

一度環境に適応してしまえば驚異的な根張りでボリュームのある草原を演出してくれます。ショートリーフという名前ですが、葉の長さが最長で15cmにもなるのであまり小型の水槽には向きません。


Photo  

ブリクサ・ショートリーフ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Blyxa novoguineensis
英名
分類トチカガミ目、トチカガミ科、スブタ属
Order:Hydrocharitales,Family:Hydrocharitaceae,Genus:Blyxa
分布東南アジア
栽培難易度難しい
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~28℃
Ph5.5~6.5
GH(総硬度)0~6
KH(炭酸塩硬度)3~6
サイズ全体のサイズ20cm
葉のサイズ8~15cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草×
増やし方株分け
成長速度遅い
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景×

栽培上の注意  

よく前景と後景の間に使われる定番の水草ですがやや神経質なところがあり、溶けるように無くなることがあります。

強い光量、多めのCO2が必要で、根張りが強いタイプなので底床用の肥料が有効です。増やす場合は根本から脇芽を出すので摘み取って植えます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例