現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ハス

ハス  

非常に大型で特殊な水草です。
家庭の庭で手軽に楽しめる種ではなく、一般にはレンコン畑で見ることが多いのではないでしょうか。
レンコンは「蓮根」と書くように、ハスの根で、地下茎が肥大化したものです。

花と種が同時に成長すること、泥や沼のような環境から清浄な花を咲かせることなどから、仏教のシンボル的な花として用いられてきました。
そのため食や宗教文化的にも、日本人にとって馴染みの深い植物と言えます。

スイレンとよく似ていますが、ハスの葉は水を丸い球状にして弾きます。また、花茎が高い時では1メートルほども伸びるため見分けがつきます。

ちなみにスイレンにはレンコンはできません。


Photo  

ハス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名蓮、はちす、水芙蓉、芙蓉、不語仙、池見草
学名Nelumbo nucifera
英名minute duckweed、Lesser duckweed
分類ヤマモガシ目、ハス科(古くはスイレン科とされていた)、ハス属
Order:Proteales,Family:Nelumbonaceae,Genus:Nelumbo
分布インド
栽培難易度難しい(環境を用意する点において)
必要な光量*1
CO2添加*2
底床ソイル
水質適正水温20~26℃
Ph弱酸性
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ100~200cm
葉のサイズ15~80cm
タイプ水中葉×
水上葉
浮き草
増やし方株分け
成長速度非常に早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

ハスは葉も水面高く立ち上がるため、水深はあまり必要ありません。その分、レンコンが成長できる程度の、柔らかく粒子の細かい土がかなりの量が必要です。
小型種であれば鉢の直径が45cmほどあれば栽培できます。

太陽の光がよく当たる場所であれば、気温にはうるさくありません。弱酸性の軟水が最適とされていますが、弱アルカリ性の水でも適応できるようです。

大型種の場合は、専用の池か畑を用意して楽しみましょう。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例