現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ニムファ・ミクランサ

ニムファ・ミクランサ  

西アフリカ原産の小型スイレン。
別名トリカラーニムファとあるように、グリーン、レッド、パープルの三色の葉を持つ彩り豊かな種。
花は淡いブルーで中心が黄色の涼しげで幻想的な花を咲かせる。

飼育は容易で成長が早い。
ただし水中葉で維持するには強い光量とCO2の添加が欠かせない。
環境が適さないとすぐに茎の長い浮葉を出して水面を覆ってしまう。

小型と言ってもあくまでスイレンなので60cm規格水槽程度だと持て余すことが多い。

ムカゴ種なので、睡蓮鉢で栽培して簡単に増やすことができる。

ワイルドものは球根の状態で販売されることが多いが、日本でブリードされたもののほうが安定しやすい。


Photo  

ニムファ・ミクランサ
 

381.jpg
写真提供:吉田観賞魚販売 赤・緑・茶色(いも部分)がカラフルな水草です。しっかり根を張ると浮き葉を出します。丈夫です。[編集]

画像をここにアップロード
写真提供:[編集]

画像をここにアップロード
写真提供:[編集]

写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名トリカラーニムファ、ニムファ・ミクランザ
学名Nymphaea sp.
英名
分類スイレン目、スイレン科、スイレン属
Order:Nymphaeales,Family:Nymphaeaceae,Genus:Nymphaea
分布西アフリカ
栽培難易度やさしい(野外の場合)
必要な光量*1
CO2添加*2
底床ソイル
水質適正水温20~26℃
Ph6.5~7.5
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ
葉のサイズ~5cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草
増やし方株分け、ムカゴ
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景

栽培上の注意  

水中葉で維持するには強い光とCO2が不可欠。
浮葉が出たらすぐにトリミングを行うのもポイント。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例