現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ドワーフ・アマゾンフロッグピット

ドワーフ・アマゾンフロッグピット  

さくらの花弁ほどの小さな丸い葉が特徴の浮き草。
ノーマルのフロッグピットに比べて、小さいため小型水槽や睡蓮鉢にもよく合います。

金魚やエビの餌になり、メダカの産卵床としても使えます。
大きな葉を持つ蓮などと合わせると強弱が付いて自然に近いビオトープになります。
その可愛らしさに似合わない、白と紫が混在した蘭のような複雑な花を咲かせます。

恐らくアマゾンフロッグピットの改良品種だと思われます。


Photo  

ドワーフ・アマゾンフロッグピット
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名ドワーフ・フロッグピット、アマゾントチカガミ
学名Limnobium sp.
英名Dwarf Amazon Frogbit
分類トチカガミ目、トチカガミ科、リムノビウム属
Order:Hydrocharitales,Family:Hydrocharitaceae,Genus:Limnobium
分布改良品種
栽培難易度非常にやさしい
必要な光量*120W蛍光灯×1
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~26℃
Ph6.0~7.5
GH(総硬度)1~15
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ5mm
葉のサイズ2~3cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方分裂
成長速度非常に早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

弱光でも枯れること無く、冬の寒さにも強く越冬可能なため、ビオトープにも最適です。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例