現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > テンプル・プラント

テンプル・プラント  

幅広い笹のような葉を横方向へ伸ばします。そのため縦方向へ成長する水草の根本など、前景~中景に使いやすい種です。
凛としたシャープな線を持つため、丸い葉を持つ水草をメインプランツにしたレイアウトに栄えます。

水上葉はほとんどの場合穴が開いて溶けてしまいます。下葉の水上葉だけ抜けて、水上葉だけの状態だと貧相に見えるので、水上葉が10cm程度に成長したらカットして植え直すと綺麗に維持できます。


Photo  

テンプル・プラント
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名ハイグロフィラ・コリンボーサ・コンパクト、ミニテンプル
学名Hygrophila corymbosa
英名
分類シソ目、キツネノマゴ科、オギノツメ属
Order:Lamiales,Family:Acanthaceae,Genus:Hygrophila
分布東南アジア、タイ、インドネシア
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1/4滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~28℃
Ph6.5~7.5
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)3~8
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ8~12cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景×

栽培上の注意  

前景など、底層で使われることが多いのでハイグロフィラの仲間の中では光量を必要とします。
十分な光と鉄分(養分)がある状態だと新葉が赤くなるので調子を見るのに参考になります。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例