現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ダニオ・デバリオ

ダニオ・デバリオ  

中東原産のダニオ。
生息地であるベンガルの川や池が、季節や場所によってPHや硬度の変わりやすい地形のようで、そうした多様な水質へ適応できるため、非常に丈夫で幅広い環境に対応することができる。

メタリックでブルーがかった体色にイエローのスポットがランダムに入る。オレンジ系の底床でじっくり買い込むと、強いオレンジになることもある。

ダニオ・デバリオの名で流通しているが、現在ではデバリオ属に分類されており、正確にはデバリオ・デバリオとなる。


Photo  

ダニオ・デバリオ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Devario devario (F. Hamilton, 1822)、かつては以下の分類とされていたCyprinus danio
英名Sind danio、Bengal danio
分類コイ(Cypriniformes)目、コイ(Cyprinidae)科、デバリオ(Devario)属
通称ベンガル・ダニオ、シンド・ダニオ、デバリオ・デバリオ
分布アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、バングラディッシュ
最大体長10cm
寿命3~5年
人工飼料冷凍飼料活餌など。なんでもよく食べる。
適性な水質温度15~26℃
PH6.0~8.0
硬度非常な軟水~硬水:5~19 °d
飼育難易度やさしい
繁殖難易度やさしい
卵はばら撒き型で、ダニオ系の繁殖方法と同じで問題ない。
メスが成熟するとお腹の部分が膨らむのでオスとペアで2組程度を別水槽に移す。産卵水槽は薄暗い状態にして温度を徐々に下げることでトリガーになる。生き餌を十分に与えることも刺激になる。
産卵は、ばら撒き型なので、産卵床としてモスやピートを敷き詰めておく。卵を産んだペアは元の水槽に戻しておく。メスが卵を産むとお腹が凹むのでひと目で分かる。
数日で孵化し、2日程度で自由に泳ぎだす。餌は細かく砕いた人工飼料を食べることができるので、飼育は容易。
オスメスの見分け方オスカラフルになる
メスメスは体色が薄い
水槽内で好む高さ上層~中層
混泳での注意点気性:大人しい
捕食さえされなければ、大人しいため大抵の種と混泳可能。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど飛び出すことが多々あるので水槽の蓋は必須。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*116匹

特徴・飼育上の注意  

生息地であるベンガルの川や池が、季節や場所によってPHや硬度の変わりやすい地形のようで、そうした多様な水質へ適応できるため、非常に丈夫で幅広い環境に対応することができる。
岩や細かい砂利で構成された池を模して、多少の水流もあると生息地に近い環境が作れる。
遊泳力があり飛び出すことがあるので水槽の蓋は必須。

低温に強く、室内であれば無加温で越冬できたとの報告もある。

同種間で多少追い回しがあるが、遊泳力があるため相手を弱らせるほどの問題になることはない。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています