現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > タヌキモ

タヌキモ  

丸い捕虫嚢(ほちゅうのう)と糸のような葉を広げます。全体の姿が狸の尻尾に見えることから狸藻と呼ばれる。

完全に水中に漂うように生息している。カボンバを水面に浮かべて栽培しているような見た目。イヌタヌキモとオオタヌキモの交雑種であるそうです。


Photo  

タヌキモ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名狸藻
学名Utricularia Vulgaris L. var. Japonica
英名minute duckweed、Lesser duckweed
分類シソ目、タヌキモ科、タヌキモ属
Order:Lamiales,Family:Lentibulariaceae,Genus:Utricularia
分布日本
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1/2滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~30℃
Ph弱酸性
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ100cm
葉のサイズ100cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

硬い茎でにょきにょきと伸び、全体の草体は1mを超えます。貧栄養と弱酸性なら以外に簡単に増やすことができます。

大型で水面に漂うように増えることからレイアウトには使いにくく、その食虫植物独特の不思議な生態楽しむ観賞用に向いています。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例