現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ゼブラ・サカサナマズ

ゼブラ・サカサナマズ  

サカサナマズの変異個体と言われており、白と黒のゼブラ模様になるタイプ。

飼育に関してはオリジナルに準ずる。

名前の通り逆さまになって泳ぐ面白い種だ。
ひっくり返って水槽内を漂う姿は、プールで背泳ぎを優雅に楽しむ人を見るようでなんとなくコミカルな印象を受ける。
ちなみに底に落ちた餌を食べるときはちゃんとひっくり返るので餌やりに悩んでる方は安心してほしい。
水質にはうるさくないが底を泳ぐ魚なので底床を清潔に保ちたい。エビとの混泳は捕食してしまうためできない。


Photo  

ゼブラ・サカサナマズ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Synodontis sp.cf.nigriventris
英名
分類ナマズ目、サカサナマズ科(モコクス科)、サカサナマズ属(シノドンティス属)
通称
分布恐らく改良品種(原種はコンゴ)
最大体長6〜10cm
寿命5〜8年
人工飼料冷凍飼料活餌。コケも食べるがそれだけで維持するのは難しく、沈水性のタブレットをあげるといいだろう。しかしそうするとコケを食べなくなることがあるので注意。
適性な水質温度22〜28℃
PH6.0〜8.0
硬度軟水:8〜18°d
飼育難易度普通
繁殖難易度−(すり鉢状の巣を作り産卵するらしいがデータがあまりない)
オスメスの見分け方オスメスより小さい
メスオスより大きくなる
水槽内で好む高さ底層
混泳での注意点エビとの混泳は捕食してしまうのでできない。臆病なので数匹と混泳させてあげよう。
気をつけたい病気白点病
推奨されるアクセサリなど石や流木についたコケを好む習性があるので、それらのアクセサリを入れると馴染む。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*115匹

特徴・飼育上の注意  

水質に関しては特に気をつけることはない。中性から弱酸性で飼育していれば問題ないだろう。白点病になるとナマズの仲間は治療が難しいので底床を細目に掃除するようにしよう。
やはり逆さまになって流木や石にしがみつくのが習性なのでアクセサリを入れてあげよう。
エビは捕食してしまうので混泳できない。
繁殖も可能なようだが例は聞かない。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています