現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ゴールデン・レオパード・タティア

ゴールデン・レオパード・タティア  

アマゾン川原産の小型ナマズ。

大きな口と丸みを帯びた顔が特徴。
名前の通り黄色い体色に黒いスポット模様がランダムに入りヒョウのような模様を持っている。

狭い場所に身を隠すのが好きなので体のサイズより多少大きめの塩ビパイプなどを用意してやると中に隠れる。
土管から顔だけだしてコチラを眺めている様はとても可愛らしい。

あまり知られていないが生息域は流れの早い川のため、強い水流のある水槽を好む。臆病なところがあるので複数匹で飼育したい。


Photo  

ゴールデン・レオパード・タティア
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Centromochlus perugiae (Steindachner, 1882)、もしくはTatia perugiae
英名Oil Catfish、Oil Woodcatfish、Perugia's Woodcat
分類ナマズ(Siluriformes)目、アウケニプテルス(Auchenipteridae)科、不明(Centromochlus)属
通称ブルーレオパード・タティア、レオパード・タティア
分布ペルー・アマゾン川
最大体長6.4cm
寿命5~8年
人工飼料冷凍飼料活餌。肉食性で野生では主にアリ・コオロギ・カゲロウなどの昆虫を食べている。生き餌を好むが、人工飼料にも慣れるので肉食魚用のタブレットを与える。イトミミズやミジンコなども好む。
適性な水質温度24~28℃
PH6.5~7.2
硬度軟水~中程度の硬水:6~10°d
飼育難易度普通
繁殖難易度やさしい
繁殖は容易で、複数匹で飼育していれば塩ビパイプ等に卵を産み付ける。
他のAuchenipterids同様に、オスの尻ビレを交接器として使いメスの体内で受精してから卵を産む。
卵は7日ほどで孵化する。増やしたい場合は親魚を取り除く必要があるが、リシアやモスなどを茂らせた水槽なら稚魚が隠れて自然と増えることもある。
オスメスの見分け方オスオスのほうが尻ビレの1~2棘が長い
メス尻ビレは伸長しない
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:大人しい
基本的にはどんな種とも混泳可能だが、口にはいるサイズの魚とは混泳できない。
気をつけたい病気白点病
推奨されるアクセサリなど隠れ家になる流木、植木鉢や塩ビパイプ、水流を生むポンプやろ過器
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*125匹

特徴・飼育上の注意  

おとなしい性格をしているため基本的にはどんな種とも混泳可能だが、口にはいるサイズの魚とは混泳できない。

肉食性で野生では主にアリ・コオロギ・カゲロウなどの昆虫を食べている。生き餌を好むが、人工飼料にも慣れるので肉食魚用のタブレットを与える。貪欲になんでも食べ、フグのように腹が膨らんで死んでしまうことがある。そのため餌は控えめのほうが良い。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています