現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > カラー・プロキロダス

カラー・プロキロダス  

ブラジル・アマゾン川原産の大型のカラシン。

尖った菱型のような体型をしている。最大25cmになる大型のカラシン。何と言っても目が行くのが尾ビレに入るオレンジとブラックの縞模様。まるで毒のある生体の警戒色のよう。
腹ビレ、背ビレ、尻ビレにもオレンジが入る。各ヒレはピンと張ってきれいな三角形になるのでとても見応えがある。
また成熟するとオスの背ビレは長く伸びる。

草食性が強く、水草水槽には向いていない。水草は餌と割り切って導入しよう。


Photo  

カラー・プロキロダス
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Semaprochilodus insignis (Fowler, 1906)
英名Flagtail Prochilodus、Flagtail Characin、Kissing Prochilodus
分類カラシン(Characiformes)目、プロキロドゥス(Prochilodontidae)科、セマプロキロドゥス(Semaprochilodus)属
通称フラッグテール・カラシン
分布ブラジル・アマゾン川
最大体長27cm
寿命5~8年
人工飼料冷凍飼料活餌など。草食性が強いので植物質の多い餌が向いてる
適性な水質温度23~26℃
PH5.5~7.5
硬度軟水~硬水:10~20 °d
飼育難易度普通
繁殖難易度水槽内での繁殖はデータなし。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点気性:大人しい
大人しいため大抵の種と混泳可能。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど飛び出すことが多々あるので水槽の蓋は必須。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*12匹

特徴・飼育上の注意  

草食性が強く、柔らかい唇で水槽のコケを掃除してくれる。
もちろんそれだけでは飼育できないので茹でたほうれん草、きゅうり、ズッキーニ、レタスなどを与える。草食性の魚のために開発された人工餌も問題なく慣れることができる。

そのような事情から、水草水槽には向いていない。水草は餌と割り切って導入しよう。

おとなしい性格をしていて、相手から攻撃されない限り大きさの異なる種でも問題なく混泳できる。そのためベアタンクで、大型魚のタンクメイトとしてよく選ばれる。攻撃されることはないが、逆に相手から攻撃されることがあるので注意深く観察する。

飛び出すことが多々あるので水槽の蓋は必須。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています