現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > オランダプラント

オランダプラント  

細長いライトグリーンの葉を江戸菊が満開になったようにカールさせるように広げる。
葉の長さが7~10cmと大きく水流に揺れるさまは見事です。状態の良い水中葉だと赤く染まります。

水上では紫の猫じゃらしのような花を咲かせます。日本産のものをミズネコノオとして販売することもあります。


Photo  

オランダプラント
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名ミズネコノオ、ムラサキミズトラノオ
学名Eusteralis stellata
英名Australian Hygro Native、Australian Hygro
分類シソ目、シソ科、ミズトラノオ属
Order:Lamiales,Family:Lamiaceae,Genus:Pogostemon
分布アジア、オーストラリア
栽培難易度非常に難しい
必要な光量*1220W蛍光灯×3~4
CO2添加*2必要(1秒に1/2滴)
底床ソイル
水質適正水温20~27℃
Ph5.0~6.5
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)3~8
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ7~10cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度普通
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景

栽培上の注意  

本種は一年草で長期維持には向きません。さらに湿地帯で水上葉の状態で自生しているため、水没させた状態での栽培には向きません。
そのため、春先に入荷直後のものを導入するのが長く楽しむコツです。

できるだけ長く楽しむには60cm規格水槽で20Wの蛍光灯3~4灯。CO2も2秒に1滴以上は必要です。
ソイルの登場で難易度が下がったと言われますが、DNAに刻まれたタイムスイッチの影響なのか、1年以上の維持に成功したという話は聞きません。
本種に関しては花のように有効期限のあるものと思って、綺麗に咲き誇る時期を楽しむという感覚が適切かもしれません。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例