現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > オニバス

オニバス  

日本で自生する水草の中で最大の葉を持っています。1枚の浮葉だけで2mと特大サイズで、もちろん水槽でもビオトープでも栽培することはできません。
表面はボコボコと隆起して、刺も無数にあるため鬼の名前が付けられています。その名にふさわしく、葉の裏にも、花にもトゲがあります。

紫色の小さな花を咲かせますが、適切な場所がないと自らの葉を突き破って咲きます。そのさまもどこか恐ろしく感じます。

刺が刺さらないように敷物などを敷けば子供が上に乗れるほどの浮力を持ちます。残念ながらオニバスが自生できる環境がなくなりつつあり、現在では植物園や保護地域で目にするのが現実的です。

スイレンに似ていますが、レンコンができることもなく、本州だけでオニバス属に属します。


Photo  

オニバス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名鬼蓮
学名Euryale ferox
英名
分類スイレン目、スイレン科、オニバス属
Order:Nymphaeales,Family:Nymphaeaceae,Genus:Euryale
分布日本、アジア東部、インド
栽培難易度
必要な光量*1
CO2添加*2
底床
水質適正水温20~30℃
Ph
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ
葉のサイズ40~250cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方分裂
成長速度
活着
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景

栽培上の注意  

特大サイズのため栽培には向きません。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例