現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > エクソコクロミス・アナゲニス

エクソコクロミス・アナゲニス  

アフリカ・マラウィ湖原産のシクリッド。

別名スリースポットシクリッドとあるように、イエローの体色に特徴的な大きいスポット模様が3つ入る。
オスは成長とともに特徴的なスポット模様が消えて顔がパープルに変化する。パープルの顔とイエローのボディがアンバランスで、何とも不健康そうに見える変わった色彩を見せます。

また、ヒレもイエローやブルー複雑に絡み合い、縁は白くなる。
本種は1属1種で、学名にもある通り、顎の突き出た扁平な顔をしている。

あまり詳しい飼育データはありませんが、生息地から推測するに弱アルカリ性で硬度の高い水を好み、エアレーションもしたほうが良さそうです。
性格は大人しく同じ程度の大きさの魚であれば問題なく混泳できます。餌や飼育の要点等は不明。ドイツブリードのものがメインで入ってきているので、繁殖については可能なようですが、こちらも詳細は不明。飼育者の加筆求む。


Photo  

エクソコクロミス・アナゲニス
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Exochochromis anagenys (Oliver, 1989)
英名Threespot Torpedo Cichlid
分類スズキ(Perciformes)目、カワスズメ(キクラ、シクリッド)(Cichlidae)科、エキソコクロミス(Exochochromis)属
通称
分布アフリカ・マラウィ湖
最大体長20cm
寿命5~10年
詳細不明
適性な水質温度24~27℃
PH7.4~8.4
硬度軟水~非常な硬水:7~30°d
飼育難易度普通
繁殖難易度難しい
繁殖が可能なようですが、難しいようで水槽内の繁殖例がなく詳細不明。飼育者の加筆を求む。
オスメスの見分け方オス成長とともに特徴的なスポット模様が消えて顔がパープルに変化する
メス
水槽内で好む高さ中層~低層
混泳での注意点気性:大人しい
多くの魚と混泳することができます。同種のオス同士は争います。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*16匹

特徴・飼育上の注意  


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています