現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > インディアン・クラススラ

インディアン・クラススラ  

非常に微細な細長い葉を大量に付けます。

本種は密生しやすく、手軽に茂みを作ることができます。小型水槽でもジャングルのように密生します。縦に伸びるタイプで、大型の水槽や後景にも利用しやすいメリットがあります。

自生する環境では水辺に地を這うように咲いていて、肉厚な丸い葉に、0.5mm程度のとても小さい白い花を咲かせます。
びっしりと群生した様は岩に付くコケのよう。

初めに流通した時に、特徴の似ていたクラススラ(学名:Crassula helmsii)として間違って扱われていました。しかし正式には日本にも自生するスズメノハコベ(学名:Microcarpaea minima)であると判明しました。
本来であればスズメハコベとして扱うべきですが、慣例として、今でも「クラススラ」として流通しています。


Photo  

インディアン・クラススラ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名インディアンクラススラ、クラススラ、クラッスラ
学名Microcarpaea minima(Crassula helmsiiは誤り)
英名Chickweed Sparrow
分類ゴマノハグサ目、ゴマノハグサ科、スズメハコベ属
Order:Scrophulariales,Family:Scrophulariaceae,Genus:Microcarpaea
分布インド、日本
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×2
CO2添加*2必要(1秒に1/3滴)
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~26℃
Ph5.5~7.0
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ25cm
葉のサイズ1cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度遅い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

調子が出るまでは成長が遅いので草原のようにするには時間がかかります。また、夏場の高温には弱いので、注意が必要です。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例