現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > イバラモ

イバラモ  

モスやコケのような雰囲気を持つギザギザの心もとない葉をジグザグに伸ばします。
そのギザギザのはが茨(いばら)のように見えることから、イバラモという名前が付いています。

イバラモ属は完全に水性のため、水中で長期維持が容易です。また本種は水草に珍しく塩分のある汽水でも栽培が可能で、汽水魚と水草という相なじまない組み合わせも実現できます。


Photo  

イバラモ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Najas marina
英名
分類オモダカ目、チカガミ科、イバラモ属
Order:Alismatales,Family:Hydrocharitaceae,Genus:Najas
分布日本
栽培難易度非常にやさしい
必要な光量*120W蛍光灯×1
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~27℃
Ph弱酸性
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ4~6cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草×
増やし方株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景
後景

栽培上の注意  

問題はその脆さで、簡単にバラバラになってしまいます。しかし生命力が強く、節だけになってもそこからニョキニョキと復活します。

状態が良くなると他の水草を駆逐するほど殖えるので、トリミングが困難です。細かな草がメインの水槽の場合、全て取ったと思っても、どこからともなく現れて、爆殖します。

そのため、栽培は容易ですが、レイアウトをコントロールしたい場合はお勧めできません。高温に弱く、夏場の高水温で弱ると茶色く見た目が悪くなるので注意してください。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例