現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑海水魚図鑑 > イエローフィン・エンゼルフィッシュ

イエローフィン・エンゼルフィッシュ  

※このページはまだ未完成です
ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。

Photo  

イエローフィン・エンゼルフィッシュ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Centropyge tibicen (Cuvier, 1831)
英名Keyhole angelfish、Puller Angelfish、Tibicen Angelfish
分類スズキ(Perciformes)目、キンチャクダイ(Pomacanthidae)科、アブラヤッコ(Centropyge)属
通称
分布スリランカ~モルディブ
最大体長10cm
寿命
適性な水質温度22~26℃
PH8.1~8.4
硬度中程度の硬水〜硬水:8~12°d
飼育難易度普通
サンゴとの飼育要注意
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ
混泳での注意点気性:攻撃的になることがある
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

イエローフィンエンゼルフィッシュ
キーホールエンゼルフィッシュは別種だと思います。
我が家のイエローフィン(約8.5cm)は、水槽120x45x45、外部フィルターsv9000+sv5000を2回路、海道達磨、クーラーと殺菌灯カミハタ9w。飼い始めて約二年(本日11月20日from'12.11.22)。光の加減で体の淵が青く輝きとても綺麗です。小心者故か水槽に顔を近づけて観察しようとすすと尾びれであっちへ行けとばかりに勢い良くスイングさせます。珊瑚、海藻、甲殻類、魚(トミニエンシスタン、シリキペア、カクレクマノミx3、プテラペア、ミズタマハゼ、スタリードラゴネット、この水槽のボス的存在です。オスかメスかの見分け方を教えて欲しいです。

コウメイの父 2014-11-20 (木) 20:51:14


このレビューが参考になった…投票 1 

修正しました
キーホールエンゼルフィッシュの件、ご指摘ありがとうございます。表記を修正しました。(管理人 2014-12-12 (金) 23:47:31


このレビューが参考になった…投票 0 

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています