現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > アンブリア

アンブリア  

ライトグリーンの細い葉を雪の結晶のように放射状に広げます。いかにも金魚藻といった雰囲気を持っています。葉の雰囲気がカボンバによく似ています。

水上葉もほとんど変わらない草体をしていて綺麗です。ビオトープやテラリウムなら光量はあまり気にする必要はないので手軽でお勧めです。


Photo  

アンブリア
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名キクモ
学名Limnophila sessiliflora
英名Dwarf Ambulia、Ambulis、Asian Marshweed
分類ゴマノハグサ目、ゴマノハグサ科、シソクサ属
Order:Scrophulariales,Family:Scrophulariaceae,Genus:Limnophila
分布東南アジア
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×2~3
CO2添加*2必要(1秒に1/3滴)
底床ソイル
水質適正水温20~28℃
Ph5.5~8
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ30~50cm
葉のサイズ3cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

栽培が容易と言われていますが、光量が弱いと枯れてしまいます。
特に根を張るまでが弱いため、ソイル入りのポットで販売されているものを購入すると簡単に維持することができます。肥料が豊富な方が良いため、魚の多い水槽ですくすくと育ちます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例