現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > アルビノ・ヒポ・プレコ

アルビノ・ヒポ・プレコ  

ヒポ・プレコの改良品種で、綺麗に色素が抜けており、赤い目と淡いピンクの体色を持つ。黒いオリジナルと比べると全く違った印象を受ける。

飼育に関してはオリジナルに準ずる。

古くから愛され、プテリゴプリクティス属を代表する南米産大型プレコ。

プテリゴプリクティス属は軟条が10条位上あるタイプで、体高が低く、胴の部分が細長い特徴を持つ。


Photo  

アルビノ・ヒポ・プレコ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Pterygoplichthys pardalis var.
英名
分類ナマズ(Siluriformes)目、ロリカリア(Loricariidae)科、プテリゴプリクティス(Pterygoplichthys)属
通称
分布改良品種(原種は南米大陸)
最大体長35cm(野生種は50cm)
寿命15年
人工飼料冷凍飼料活餌。なんでも食べるが、草食性の高い種なので、植物質の含まれたコリタブが向いている。
適性な水質温度21~26℃
PH6.0~7.5
硬度軟水~中程度の硬水:6~10°d
飼育難易度普通
繁殖難易度繁殖も可能なようですが詳細不明。飼育者の加筆を求む。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:大人しい
大人しいので多くの魚と混泳できる。また臆病でなので隠れ家を多めに作ってあげよう。
気をつけたい病気白点病
推奨されるアクセサリなど岩組、掃除をしやすい砂状の底床、エアレーション
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*11匹

特徴・飼育上の注意  

現在流通しているものは東南アジアブリードのもので、非常に安価に輸入される。
残念なことに、オリジナルのヒポ・プレコと別の種が交雑した種で、厳密にヒポ・プレコではない。
しかし飼育しやすく、何でもよく食べて、日本の水質にも順応するため、飼育しやすいというメリットもある。

混泳の容易な種だが、成魚になると多少気が荒くなるため、底物との混泳は注意が必要。
また、コケを食べるのは幼魚の時だけで、成魚になるとコケは食べなくなる。寿命が長く、大型になるので成長を見越して飼育するようにしたい。

岩と木でレイアウト、エアレーションをする。底床掃除を入念に行う。掃除のしにくいソイルは向かない。など、他のプレコ同様で飼育できる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています