現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > アマニア・グラキリス

アマニア・グラキリス  

水中葉は長細い先の尖った5cm程度の葉をつける。
葉の付き方は左右に展開する対生で、一本の茎に密生して葉をつける。光が弱いと線の細い繊細な雰囲気になる。

水上葉は丸く硬い葉が特徴で、新葉の時は赤いが、成長するにつれ深緑に変わる。葉の根元に紫色の小さな花を咲かせる。


Photo  

アマニア・グラキリス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Ammannia gracilis
英名Red Ammannia
分類フトモモ目、ミソハギ科、ヒメミソハギ属
Order:Myrtales,Family:Lythraceae,Genus:Ammannia
分布アフリカ
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×2
CO2添加*2必要(1秒に1/2滴)
底床ソイル
水質適正水温22~28℃
Ph6.0〜7.0
GH(総硬度)6~8
KH(炭酸塩硬度)4~6
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ6~8cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

適合する水質さえ作れれば、CO2の添加で大きく育つ。反面、硬度が高くなるとすぐに枯れてしまう。大磯や、レイアウトに石を使う場合は注意。また、硝酸塩が増加すると、葉がグリーンに変わってしまうため、こま目な水換えで新鮮な水で育てるようにしたい。

鮮やかな赤を保つには高光量が一番効果的で、密生させるにはCO2を多めに添加するのがコツ。
綺麗な赤を保つほどよい環境を作ると成長が非常に早く、60cm程度の高さはあっという間に到達してしまうので、コマ目な差し戻しが必要になる。

また、鉄分を追肥することで赤がより鮮やかになる。大型のため後景に向いていて、葉の細かな種を手前に、本種をアクセントとして後ろに配置すると水景に多様性が出る。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例