現在位置 : トップページ水草図鑑その他水草図鑑 > アポノゲトン・ボイビニアヌス

アポノゲトン・ボイビニアヌス  

透明感のある深緑の葉を最大で50cmと大きく広げる種です。
葉脈にそって格子状に波打つ特徴があります。まさしく、海中で見る昆布にそっくりです。

いわゆるロゼット状の葉で、葉柄が短く、根から直接葉が生えるように見えるので中景にもつかえますが、いかんせん大型のためほとんどは後景草としての導入がメインになると思います。

塊茎(かいけい)から存在感のある長い花茎を伸ばし、水上にシソに似た穂状の花を咲かせます。花を咲かせると休眠状態に入り葉が落ちてしまうことがあるので注意してください。


Photo  

アポノゲトン・ボイビニアヌス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名アポノゲトン
学名Aponogeton boivinianus
英名
分類イバラモ目、レースソウ科、レースソウ属
Order:Najadales,Family:Aponogetonaceae,Genus:Aponogeton
分布マダガスカル北部
栽培難易度難しい
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2必要(1秒に1/2滴)
底床ソイル
水質適正水温20~26℃
Ph5.5~7.0
GH(総硬度)1~8
KH(炭酸塩硬度)5~20
サイズ全体のサイズ100cm
葉のサイズ30~50cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草×
増やし方遅い(発芽の状態では早い)
成長速度遅い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景

栽培上の注意  

60cm水槽でも無理やり詰め込むことはできますが、理想は90cm規格水槽以上の大きさで栽培したいところです。

レイアウトへの利用法も含めて環境を選ぶ難しい種です。
植え替えを行うと葉が落ちることが多いため、あえて入荷時の球根(バルブ)状のものをそのまま販売することが多い。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例