#author("2021-10-05T05:14:59+09:00;2017-07-06T20:18:30+09:00","","")
#author("2021-11-10T15:02:23+09:00;2017-07-06T20:18:30+09:00","","")
&font(87%){現在位置 : [[トップページ]] > [[生体図鑑]] > [[熱帯魚図鑑]] > [[海水魚図鑑]] > トゲチョウチョウウオ};

*トゲチョウチョウウオ [#w8a51b2a]
-

|''※このページはまだ未完成です''&br;ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。|

----

**Photo [#a07b19db]

#ref(トゲチョウ.jpg,zoom,,トゲチョウチョウウオ)

#br

#style(class=seitai){{

&attachref(トゲチョウ.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){小寺昌彦};

&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

#floatclear

}}

RIGHT:[[写真の編集方法]]。または[[画像掲示板>http://aqwiki.net/up/joyful.cgi]]にUPしてください。
RIGHT:※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

----

**データ [#x5f6a81e]

|LEFT:130|LEFT:70|LEFT:BGCOLOR(#FFFFFF):|c
|>|学名|Chaetodon auriga (Forsskål, 1775)|
|>|英名|Auriga Butterflyfish|
|>|分類|スズキ(Perciformes)目、チョウチョウウオ(Chaetodontidae)科、チョウチョウウオ(Chaetodon)属|
|>|通称|-|
|>|分布|太平洋~インド洋|
|>|最大体長|20cm|
|>|寿命|-|
|>|餌|-|
|適性な水質|温度|22~26℃|
|~|PH|8.1~8.4|
|~|硬度|中程度の硬水〜硬水:8~12°d|
|>|飼育難易度|やさしい|
|>|サンゴとの飼育|不可|
|>|繁殖難易度|-|
|オスメスの見分け方|オス|-|
|~|メス|-|
|>|水槽内で好む高さ|-|
|>|混泳での注意点|気性:大人しい|
|>|気をつけたい病気|-|
|>|推奨されるアクセサリなど|-|
|>|避けたほうがよいもの|-|
|>|60cm水槽での適正な飼育数((単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています))|-匹|

----

**特徴・飼育上の注意 [#mccccf8d]
-

----

**飼育者の声 [#cb6784da]

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

#style(class=comment){{
''8年飼育しましたが・・・''
水槽:90センチ
タンクメイト:フタイロカエルウオ、スカンクシュリンプ

八年飼育しました。はじめはアサリしか口にしませんでしたが、フレークフードに餌付けられましたが二年がかり、根気がいりますがあせらず気長にです。

震災で亡くしてしまい、残念です。すごくかわいく、お利口さんでした。白点病には一度もかかりませんでした。厳重な管理をしていました。本当に残念です。

白点病にさせないコツは、検疫です。これにまさるものはないと思います。そして、まめな餌やりです。一日最低でも三回。食いだめしませんから。休日はもっとこまめに。ふっくらしていて元気いっぱいでした。 -- ''かれん'' &new{2014-09-20 (土) 04:05:06};
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[10]);
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[11]);
}}
#recorder(comment,0)