#author("2021-11-16T00:55:04+09:00;2021-04-28T10:51:21+09:00","","")
#author("2021-11-17T12:54:22+09:00;2021-04-28T10:51:21+09:00","","")
&font(87%){現在位置 : [[トップページ]] > [[生体図鑑]] > [[熱帯魚図鑑]] > [[淡水魚図鑑]] > ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー};

*ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー [#va85524c]

[[ハニードワーフ・グラミー]]の改良品種。
特徴的な腹びれは健在で、白っぽい原種に比べるとイエローが強く出る。
そのさまからゴールデンと名前が付けられたのだろうが、普段はイエローっぽい。繁殖の時にオスが見せる体色は確かにゴールデンで面目躍如といったところ。
それほど攻撃的でもなく、繁殖も可能なので多くの人に楽しんでもらえる魚だ。

----

**Photo [#i967addd]

#ref(P1000982.JPG,zoom,,ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー)

#br

#style(class=seitai){{

&attachref(P1000982.JPG,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(CIMG7460.JPG,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(123_0.JPG,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[Syumo!>http://syumo.blog116.fc2.com/]] 泡巣中の写真 };

&attachref(0**.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[Syumo!>http://syumo.blog116.fc2.com/]] };

&attachref(securedownload.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(P1010015.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(86630523-B111-4A1F-A79D-39C6D179C41C.jpeg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

#floatclear

}}

RIGHT:[[写真の編集方法]]。または[[画像掲示板>http://aqwiki.net/up/joyful.cgi]]にUPしてください。
RIGHT:※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

----

**データ [#g85f707e]

|LEFT:130|LEFT:70|LEFT:BGCOLOR(#FFFFFF):|c
|>|学名|Colisa sota ver、Trichogaster chuna ver|
|>|英名|Golden Honey Gourami、Golden Colisa sota|
|>|分類|スズキ(Perciformes)目、オスフロネムス(Osphronemidae)科、トリコガステル(Trichogaster)属|
|>|通称|ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー|
|>|分布|改良品種(原産は東南アジア全域)|
|>|最大体長|5cm|
|>|寿命|3〜4年|
|>|餌|[[人工飼料]]、[[冷凍飼料]]、[[活餌]]選ばずなんでもよく食べます。口が小さいので細かくしてあげよう|
|適性な水質|温度|23〜28℃|
|~|PH|6.0〜7.0|
|~|硬度|軟水|
|>|飼育難易度|やさしい|
|>|繁殖難易度|普通|
|オスメスの見分け方|オス|濃いゴールデンで繁殖期にはアゴから尻ビレまで青く変色する|
|~|メス|オスに比べると薄い体色をしている|
|>|水槽内で好む高さ|上層、中層、底層|
|>|混泳での注意点|あまり攻撃的なタイプではないが時折追い回すことある。魚が少なすぎる水槽だと攻撃性が顕著になるので多めに飼育すれば落ち着く。|
|>|気をつけたい病気|−|
|>|推奨されるアクセサリなど|繁殖を望むなら水面まで伸びる水草や浮き草|
|>|避けたほうがよいもの|泳ぎが得意ではないので強い水流を発生させるポンプなど|
|>|60cm水槽での適正な飼育数((単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています))|33匹|

----

**特徴・飼育上の注意 [#w4d82441]
グラミーに関しては弱酸性を保てば特別に気をつけることはなく、飼いやすい。特徴的な腹びれをしているのであまり泳ぎが得意ではない。水流は弱めにしてあげよう。
繁殖はそれほど難しくないが、いくつかポイントがある。まず[[バブルネストビルダー]]なので安心して卵が埋めそうな場所を作る必要がある。水面まで達する水草や、浮き草があるといいだろう。
良い[[泡巣]]が出来るとオスがメスを包み込むようにして受精させる。その後はオスが卵を見はり近づくものは攻撃を仕掛け、甲斐甲斐しく世話をする。孵化まで2〜3日ほど。
稚魚は小さく2〜3日は[[ヨークサック]]で成長するが、泳げるようになってもまだ[[ブラインシュリンプ]]などは食べられず[[インフゾリア]]を与える必要がある。
さらに一週間ほどすれば細かく砕いた人工飼料を食べてくれるようになる。ここまで来れば一安心で親水槽へ戻す準備をしよう。

----

**飼育者の声 [#k1a6dcab]

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

#style(class=comment){{
''超初心者です''
熱帯魚を初めたばかりの超初心者です。
30cm水槽にネオンテトラ10・レッドプラティ3・白コリドラス2と合わせ、ゴールデンハニードワーフグラミィを2匹飼っています。
多過ぎかなぁと思いましたが、行きつけのペットショップの方に色々相談し水替えさえこまめに行えば大丈夫ですと、お話をいただきましたので購入。
ただ、グラミィは2匹ともメスなので、秋までにはオスをもう1匹入れようと思っています。
色は少し薄めですが、小型水槽内で時折影から出てくる姿はとても美しく水槽内で一際綺麗に見えるので、是非お勧めしますよ。 (''カメラ親父'' &new{2012-07-09 (月) 01:56:48};)
}}
#style(class=comment){{
60cm水槽にラミーノーズテトラ7・エクエスペンシル6・マーサーハチェット1・トランスルーセントグラスキャット1・チェリーバルブ2・プリステラ2・ゴールデンハニードワーフグラミー1匹の混泳水槽です。統一感がないなぁと思いつつも、気に入った魚を少しずつ増やしていったらこうなりました。どれも温和な性格の熱帯魚ばかりなので今のところ仲良く泳いでます。
ただ、エサを摂るのが上手な種とそうではない種がいるので気を付けています。グラミーは後者なので、冷凍赤虫をピンセットで目の前に持っていけば上手に食べてくれます。このように、この水槽の魚のなかで唯一、飼い主に慣れているのがグラミーなのでとてもかわいいです。(''名無しさん'' &new{2015-10-04 (日) 21:31:10};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[22]);
}}
#style(class=comment){{
見た目や動き、どれをとってみても愛嬌のある魚です。丈夫な魚ですが成長が遅いです。幼魚のうちは仲良く泳いでいましたが、体格の差が現れるようになると、小さい方を苛めるようになりました。
餌を食べるのが下手で、もたもたしていると 素早い小型カラシンに横取りされます。たまに横取りされるとキレます。可愛いの一言に尽きます。('''' &new{2015-11-19 (木) 11:11:36};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[8]);
}}

#style(class=comment){{
''丈夫というものの''
ストレスに弱い魚だと思います。上部フィルターで強い水流が発生する環境や、温和な小型カラシン・コイ科との混泳でも水面下から突進して餌を食べるカラシン類に圧倒されて痩せ細ってしまい、やがて死んでしまいました。逆に同種間のみの飼育だと激しい苛めがあります。
うまく環境が合えば飼育は容易ですが、注意は必要です。(''名無しさん'' &new{2016-02-26 (金) 12:18:56};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[11]);
}}

#style(class=comment){{
最近コリドラス達の背びれ、尻尾がかじられており、ぼさぼさになっていました。病気ではないみたいです。原因はこのグーラミーのようです。つっつく瞬間を見ましたし、隔離したらコリドラスの背びれも回復してきております。ショップの店員によるとつっつくことがあるみたいです。(''名無しさん'' &new{2016-04-25 (月) 22:36:31};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[9]);
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[10]);
}}
#style(class=comment){{
最近コリドラス達の背びれ、尻尾がかじられており、ぼさぼさになっていました。病気ではないみたいです。原因はこのグーラミーのようです。つっつく瞬間を見ましたし、隔離したらコリドラスの背びれも回復してきております。ショップの店員によるとつっつくことがあるみたいです。(''名無しさん'' &new{2016-04-25 (月) 22:36:46};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[9]);
}}
#style(class=comment){{
小さい個体は混泳水槽で飼育しているとやせ細ってしまいました。最初に元気に泳いでいて体高がある大きな個体を選ぶこがポイントだと思います(どの魚でも言えることで当たり前ですが)。冷凍赤虫をよく食べますが消化不良を起こしやすいです。消化の良いテトラミンを与えましたが、食べるのにもたつき、フレーク状の餌が動いてなかなか食べれません。おすすめなのがキョーリンの「ひかりプチ」。小さくてやわらかいソフト粒なので、グラミーのおちょぼ口でも食べやすいです。(''名無しさん'' &new{2016-06-27 (月) 22:40:11};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][8]);
}}
#style(class=comment){{
意外と難しいというか、面倒なとこはありますね。
同種を結構追い回しますし、それでいて他種が多いと引っ込んでしまい全然見えなかったり。
しょっちゅうアマフロの根をボロボロにしたりするので、極端に柔らかい水草をかじる個体もいるかも。
あと、地味に油膜を吸いとってくれたりもします(個体差もありますが)。(''名無しさん'' &new{2017-07-31 (月) 10:35:50};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][3]);
}}
#style(class=comment){{
とにかく強い魚
飼いやすい(''名無し者'' &new{2017-11-10 (金) 00:33:40};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][4]);
}}
#style(class=comment){{
うちもカラシンと混泳してますが、餌争いには勝てません。
しょうがなくストレーナーのスポンジに吸い寄せられた赤虫を
後でのんびりつついてます。
アベニーも同様に餌争いに勝てないので、一緒にストレーナー組してます(笑)(''名無しさん'' &new{2020-02-16 (日) 10:26:59};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][6]);
}}

#style(class=comment){{
ヒドラ対策で導入したけど,プラナリアゼロ少量で解決してしまったあと持て余してたんですが,カイミジンコをよく食べてくれていて気にならない程度に減りました。家では「鯛」と呼ばれて嫁には好評でした。多分ですが,小さいエビも食べていると思います。(''名無しさん'' &new{2020-08-20 (木) 13:35:40};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][8]);
}}

#style(class=comment){{
この種に限らずメダカの仲間は同種を攻撃しやすいと思う。
ブラックモーリーなんかと同じで縄張り意識がある。(''名無しさん'' &new{2021-04-28 (水) 10:51:20};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex([投票][1]);
}}
#recorder(comment,0)