現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑海水魚図鑑 > カザリキュウセン

カザリキュウセン  

※このページはまだ未完成です
ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。

Photo  

カザリキュウセン
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Halichoeres melanurus (Bleeker, 1851)
英名Tail-spot wrasse
分類スズキ(Perciformes)目、ベラ(Labridae)科、キュウセン(Halichoeres)属
通称
分布西部太平洋
最大体長12cm
寿命
適性な水質温度22~26℃
PH8.1~8.4
硬度中程度の硬水〜硬水:8~12°d
飼育難易度やさしい
サンゴとの飼育可能
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ
混泳での注意点気性:大人しい
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

カザリキュウセン飼育
2016年5月、沖縄で捕獲してきた体長1〜3センチくらいの稚魚を3匹飼育中。水槽は40センチ、濾過は投げ込み式。現地から取ってきた砂を底に薄く敷き、バクテリア持ち込み兼ベラの寝床にする。換水は週に一度、3割から半分くらい。同居はサザナミヤッコ、トゲチョウ、カノコベラ、イナヅマベラなど。
現地では、幼魚は浅くて潮通りのよい場所に好んで生息しています。単独が多いですが、2〜3尾で連れだっていることもあり。
このタイプのベラは小さなうちは複数飼育が出来ますが、成長すると同種近似種で小競り合いがおきて優劣がつき、劣勢の個体は成長が遅れたり最悪砂に潜ったまま出てこれなくなるのでよく観察しておくこと。
白点病などの病気にはほとんどかからない。水温は、幼魚のうちはやや高めの26〜28℃くらいがいいようだ。我が家の個体も、1〜2ヶ月でクーラー付き60センチに移動予定。(きびたきサン 2016-05-29 (日) 17:23:02


このレビューが参考になった…[投票] 5 

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています