&font(87%){現在位置 : [[トップページ]] > [[生体図鑑]] > [[熱帯魚図鑑]] > [[淡水魚図鑑]] > スーパーロングフィン・バルーン・モーリー};

*スーパーロングフィン・バルーン・モーリー [#x5c0c993]

名前の通り、バルーンタイプの[[ブラック・モーリー]]のヒレが長く伸びるタイプ。
羽衣モーリー、羽衣バルーン・モーリーとも呼ばれる。

飼育に関してはオリジナルの[[ブラック・モーリー]]に準ずる。

飼育も容易で初心者にもお勧めできる。
比較的大きく12cmにもなるので計画的な導入をしたい。繁殖力も凄まじくショップで購入して水槽に入れるまでの間に稚魚が…。などという話もよくある。

----

**Photo [#te0be9ce]

#ref(1028-6020.jpg,zoom,,シルバー・セルフィン・モーリー)

#br

#style(class=seitai){{

|&attachref(1028-6020.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(1028-5982.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(301.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(303.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(305.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(306.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|
|&attachref(306.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[sakiさん>http://withtropicalfish.blog19.fc2.com/]]};|

|&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|

|&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|

|&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|

#floatclear

}}

RIGHT:[[写真の編集方法]]。または[[画像掲示板>http://aqwiki.net/up/joyful.cgi]]にUPしてください。
RIGHT:※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

----

**データ [#k54d69a1]

|LEFT:130|LEFT:70|LEFT:BGCOLOR(#FFFFFF):|c
|>|学名|Poecilia velifera Ver.|
|>|英名|-|
|>|分類|カダヤシ目、カダヤシ科(ポエキリア科、卵生メダカ科)、グッピー属(ポエキリア属)|
|>|通称|羽衣モーリー、羽衣バルーン・モーリー|
|>|分布|改良品種(原種はメキシコ南東部)|
|>|最大体長|12cm|
|>|寿命|2〜3年|
|>|餌|[[人工飼料]]、[[冷凍飼料]]、[[活餌]]。小粒の人工飼料が最適だが、イトミミズ、赤虫などを与えても喜んで食べる。|
|適性な水質|温度|25〜28℃|
|~|PH|7.5〜8.2|
|~|硬度|中程度の硬水:8〜14 °d|
|>|飼育難易度|やさしい|
|>|繁殖難易度|非常にやさしい。詳しくは下記参照。|
|オスメスの見分け方|オス|メスより小さい。しりビレが変化した[[ゴノボディウム]]([[交接脚]]または[[交接器]])という棒状の繁殖器官を持っている|
|~|メス|オスより大きい|
|>|水槽内で好む高さ|中層|
|>|混泳での注意点|同種同士での追い回しがあるので隠れ家となる水草などが必要。コリドラスなど生息域の違う種と混泳させよう。|
|>|気をつけたい病気|−|
|>|推奨されるアクセサリなど|弱アルカリが好ましいのでサンゴや酸処理されていない大磯など|
|>|避けたほうがよいもの|酸性に傾くもの|
|>|60cm水槽での適正な飼育数((単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています))|12匹|

----

**特徴・飼育上の注意 [#lc9b0955]
比較的大きく12cmにもなるので計画的な導入をしたい。繁殖力も凄まじくショップで購入して水槽に入れるまでの間に稚魚が…。などという話もよくある。
またエサに関しても何でもよく食べるので困ることはないでしょう。食べるだけあげるというよりも、少し少ないかなと思うくらいの量をあげるのがいいでしょう。
繁殖も容易で特にすることはありません。母親のお腹の中で子どもが回遊できるまで大きくなるので気がついたら水槽が子どもで一杯、なんてこともよくあります。
産仔周期は2〜3ヶ月で30匹ほどの子どもを産む。
稚魚の飼育は他の魚に捕食されないように水草を増やすか、大量に増やしたい場合は隔離してブラインシュリンプなどを与えると良いだろう。人工飼料を細かく砕いたものでも飼育可能だ。

----

**飼育者の声 [#vdcf9fd5]

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

#recorder(comment,0)


IP:101.111.73.127 TIME:"2015-08-16 (日) 02:00:44" REFERER:"http://aqwiki.net/?plugin=areaedit&areaedit_no=5&page=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC&inline_plugin=1&inline_preview=2&digest=6b194a1b2bbbbc1650683fd53848a067" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/44.0.2403.155 Safari/537.36"