&font(87%){現在位置 : [[トップページ]] > [[生体図鑑]] > [[熱帯魚図鑑]] > [[淡水魚図鑑]] > クーリー・ローチ};

*クーリー・ローチ [#b7c05977]

ドジョウの仲間であるクーリー・ローチ。縞模様が派手で可愛らしい目をしている。
ショップで展示されている姿を見ると、水槽内で元気に泳ぎ回る姿を想像しがちですが、実際は違います。砂に隠れる習性と夜行性のため、クーリー・ローチに最適な環境を作るとほとんど姿を見ることはない。

観賞魚としてはあまり褒められた性質ではありませんが、クーリー・ローチが作り出す無数の穴は、粒が潰れて止水域になりやすいソイルに通水性を確保するのに役立つ。

縁の下の力持ちとして水槽内の環境を保つべく日夜活動してくれる、水草水槽と相性の良い魚と言える。

----

**Photo [#d9c0c1e9]

#ref(2013-02-25 20.18.24.jpg,zoom,,クーリー・ローチ)

#br

#style(class=seitai){{

&attachref(2013-02-25 20.18.24.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(P1010104.JPG,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(167.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){タナカさん};

&attachref(2014-05-26 21.35.31.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(2014-05-26 21.35.54.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(image.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(DSC_0032_0.JPG,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(image_0.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(image.jpeg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(ファイル_000.jpeg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};

&attachref(463.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[吉田観賞魚販売:http://yoshidaff.blog35.fc2.com/]] シマニョロ!よく見ると、日本のドジョウと同じ顔をしています。};

&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};



#floatclear

}}
RIGHT:[[写真の編集方法]]。または[[画像掲示板>http://aqwiki.net/up/joyful.cgi]]にUPしてください。
RIGHT:※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

----

**データ [#f754377d]

|LEFT:130|LEFT:70|LEFT:BGCOLOR(#FFFFFF):|c
|>|学名|Pangio kuhlii|
|>|英名|Coolie loach、Kuhli Loach|
|>|分類|コイ目、ドジョウ科、パンギオ(Pangio)属|
|>|通称|クーリー・ローチ|
|>|分布|東南アジア|
|>|最大体長|12cm|
|>|寿命|10年|
|>|餌|[[人工飼料]]、[[冷凍飼料]]、[[活餌]]。沈水性のタブレットで問題ないが[[イトメ]]や[[冷凍アカムシ]]も食べる|
|適性な水質|温度|24〜30℃|
|~|PH|6.0〜7.0|
|~|硬度|軟水|
|>|飼育難易度|やさしい|
|>|繁殖難易度|−(可能らしいがデータがあまりない)|
|オスメスの見分け方|オス|−(見分けるのは困難)|
|~|メス|−(見分けるのは困難)|
|>|水槽内で好む高さ|底層(ソイルや砂の中)|
|>|混泳での注意点|大抵の魚と混泳出来る。|
|>|気をつけたい病気|−|
|>|推奨されるアクセサリなど|砂に潜る習性があるので、細かな砂かソイルで飼育すると良い。|
|>|避けたほうがよいもの|角のあるアクセサリや重みのある砂利などは怪我をする恐れがあるので良くない|
|>|60cm水槽での適正な飼育数((単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています))|13匹|

----

**特徴・飼育上の注意 [#rdd18828]
ドジョウの仲間なので砂や土管に隠れて一日を過ごす。ベアタンクではなく、細かな砂やソイルのある環境で育てるといいだろう。[[スカベンジャー]]として水槽内に貯まった食べ残しや糞などを分解してくれる。さらにソイル内に新鮮な水を行き渡らせる穴を作ってくれるので止水域に産まれる澱みを解消し水槽の状態を良好に保ってくれる。
夜行性で砂に隠れる性質のためその姿を目にすることは無く、久し振りに見たら大きくなってびっくりなんてこともよくある。観賞魚としてはあまり存在感が無いが、様々な良い仕事をしてくれる縁の下の力持ちとして頼もしい存在だ。
繁殖は可能との情報だがあまり聞いたことがない。成功した人は是非方法を教えて欲しい。

----

**飼育者の声 [#dfa2c54c]

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

#style(class=comment){{
''''
60cm水槽で2匹飼っています。
結構悪い水でも育つようです。(長い期間水換えしない時期があったが生きていました。)
餌も基本的に上げてませんが何故か生きているぐらい強いです。(フレークの食べ残しを食べている?)
動きがかなり素早いのでリセット時などで生体を救うときは大変ですので覚悟しましょう。 (''名無しさん'' &new{2013-02-25 (月) 19:43:26};)
}}

#style(class=comment){{
''60cm水槽で3匹、数種と混泳''
メダカ、グッピー、ネオンテトラ、ヤマトヌマエビ、白コリドラス、ピットブルプレコ、等と一緒に飼っています。
敵がおらず、住み心地が良いのか昼夜問わず姿を見られます。
飼い始めた頃、何匹か飛び出して干からびていたことがあります。早死にするとしたら飛び出し事故かも…。水槽の上部は蓋をした方がよいです。 (''名無しさん'' &new{2014-04-22 (火) 07:30:15};)
}}
#style(class=comment){{
''エビと混泳''
シマエビ(推定30匹)、ヨシノボリ(6匹)とクーリーローチ7匹で飼育中です。最初の頃はほとんど姿が見えませんでしたが、最近はエビを押しのけてエサを食べてます。
我が家のは昼間でも穴から出て泳いでいますが、基本は夜行性なので暗くなって、寝る前にエサを入れると食べているようです。(''名無しさん'' &new{2015-07-06 (月) 14:55:23};)
----
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[42]);
RIGHT:このレビューが参考になった…&votex(投票[43]);
}}
#recorder(comment,0)

IP:216.244.66.235 TIME:"2017-10-09 (月) 06:03:04" REFERER:"" USER_AGENT:""