&font(87%){現在位置 : [[トップページ]] > [[生体図鑑]] > [[熱帯魚図鑑]] > [[淡水魚図鑑]] > アフリカン・ビッグマウス・キャット};

*アフリカン・ビッグマウス・キャット [#xdf6783a]

アフリカ各地に生息する大型のナマズ。
別名ワイドヘッドの名前通り、横に広がった扁平な顔をしている。大きな口が特徴で、驚くほど大きな魚を捕食する。
体は全体的に銀色で、腹の部分は淡いベージュ色。成魚になると銀色の部分が黒く変色する。
上唇の横に長いヒゲが1対、鼻の上に短い上向きのヒゲが1対、顎の部分に2対の合計8本の髭を持っている。

ナマズらしからぬ大きな尾びれが特徴で、体をくねらせて水槽内を所狭しと泳ぎ回る。ナマズという言葉からは想像しづらい程の遊泳力を持っている。

エジプト、カメルーン、ブルキナファソ、ギニア、セネガル、ニジェール、ナイジェリア、チャド、ガンビア、ガーナ、タンザニア、ケニア、スーダン、マリと多くの国で観測されている。

生息地は大きな川や湖で水質もさまざま。以上の分かる通り、幅広い水質へ対応可能。食欲も旺盛で人工飼料にも餌付くため飼育は容易。
肉食魚好きや、ナマズマニアにとっては魅力あふれる魚と言える。

ただし、最大で80cmにもなることから修正飼育するには150×60×60という大型の水槽が必要になる。
寿命も15年と長いことから導入は慎重に行いたい。

----

**Photo [#g6f31a50]

#ref(543.jpg,zoom,,アフリカン・ビッグマウス・キャット)

#br

#style(class=seitai){{

|&attachref(543.jpg,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){[[吉田観賞魚販売:http://yoshidaff.blog35.fc2.com/]] 何でも喰う!&br;混泳に気を使います};|

|&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|

|&attachref(,zoom,240x240){画像をここにアップロード};&br;写真提供:&areaedit(preview:2){};|

#floatclear

}}

RIGHT:[[写真の編集方法]]。または[[画像掲示板>http://aqwiki.net/up/joyful.cgi]]にUPしてください。
RIGHT:※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

----

**データ [#eed21310]

|LEFT:130|LEFT:70|LEFT:BGCOLOR(#FFFFFF):|c
|>|学名|Clarotes laticeps(Rüppell, 1829)|
|>|英名|Widehead catfish|
|>|分類|ナマズ(Siluriformes)目、(Claroteidae)科、(Clarotes)属|
|>|通称|ワイドヘッドキャットフィッシュ|
|>|分布|アフリカ大陸|
|>|最大体長|80cm|
|>|最大体長|80cm(飼育下では60cm程度)|
|>|寿命|15年以上|
|>|餌|[[人工飼料]]、[[冷凍飼料]]、[[活餌]]など。自然下では肉食性で昆虫や幼虫、魚などを食べている。人工飼料に餌付くため、肉食魚用の沈下性の人工飼料を与える。|
|適性な水質|温度|20~26℃|
|~|PH|6.5~8.0|
|~|硬度|非常な軟水~非常な硬水:5~25°d|
|>|飼育難易度|難しい&br;人工飼料に餌付くため飼育自体はやさしいものの、大型になるため最低でも150cm規格水槽が必要になる|
|>|繁殖難易度|飼育下での繁殖はデータなし|
|オスメスの見分け方|オス|見た目での判定は困難|
|~|メス|見た目での判定は困難|
|>|水槽内で好む高さ|低層|
|>|混泳での注意点|気性:攻撃的になることがある&br;魚食性が強いため、口に入るサイズの魚は全て捕食対象になる。口が大きく自分と同じサイズの魚にも食いつくことがある。捕食対象にならない大型の魚とは混泳可能。|
|>|気をつけたい病気|-|
|>|推奨されるアクセサリなど|大きな流木や岩組レイアウト、砂状の底床、強力なろ過器|
|>|避けたほうがよいもの|-|
|>|60cm水槽での適正な飼育数((単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています))|-匹|

----

**特徴・飼育上の注意 [#lcba0c81]

幅広い水質へ対応が可能。
人工飼料への餌付けも簡単で、飼育自体は容易。

肉食性で大食漢のため、多めの水換えと、強力なろ過装置が必要となる。
遊泳力があるため、水草は軽く根付いた程度だと引き抜かれてしまう。流木等に活着させるタイプか、植木鉢のタイプがおすすめ。


----

**飼育者の声 [#pbbb0fbe]

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

#recorder(comment,0)

IP:101.111.73.127 TIME:"2017-03-03 (金) 17:43:12" REFERER:"http://aqwiki.net/?cmd=edit&page=%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88" USER_AGENT:""