現在位置 : トップページ水草図鑑有茎草図鑑 > レッド・ルドウィジア

レッド・ルドウィジア  

ノーマルのルドウィジアとよく似ていて本種のほうが多少赤みが少なく、斜めに伸びる傾向があります。
また、やや茎が長く間延びした印象を受けます。

頭頂部だけでなく、成長した葉の裏も赤くりなります。長めにトリミングして差し戻せば簡単に殖やすことができます。
水上葉への移行も簡単で土に浸る程度の水を張り、植えるとすぐに根付きます。寒さにも強く、氷さえ張らなければ越冬が可能です。本種の場合は外来種として日本の環境に適応してしまうので、取扱いには注意してください。

ややこしいことにノーマルのルドウィジア(Ludwigia palustris X repens)をレペンスと言うこともあれば、本種(Ludwigia repens)をレペンスと言うこともあります。
そのため本種を指定する時は、英名であるレッド・ルドウィジアと呼んだほうが間違いがなく、お勧めです。


Photo  

レッド・ルドウィジア
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名アメリカミズユキノシタ
学名Ludwigia repens
英名Red Ludwigia
分類フトモモ目、アカバナ科、チョウジタデ属
Order:Myrtales,Family:Onagraceae,Genus:Ludwigia
分布北米
栽培難易度やさしい
必要な光量*120W蛍光灯×3
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~28℃
Ph5.5~7.5
GH(総硬度)2~15
KH(炭酸塩硬度)3~8
サイズ全体のサイズ50cm
葉のサイズ3~5cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方挿木
成長速度遅い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

強い光を当てて状態良く保つと綺麗な赤を保てます。CO2は無くても成長しますが、葉が落ちやすいため添加をオススメします。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例