現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑海水魚図鑑 > ルビーレッド・ドラゴネット

ルビーレッド・ドラゴネット  

※このページはまだ未完成です
ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。

Photo  

ルビーレッド・ドラゴネット
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Neosynchiropus sp. (Synchiropus stellatus?)
英名Red scooter blenny
分類スズキ(Perciformes)目、ネズッポ(Callionymidae)科、コウワンテグリ(Neosynchiropus)属
通称スターリー・ドラゴネット、ミヤケテグリsp.
分布西部太平洋
最大体長6cm
寿命
適性な水質温度22~26℃
PH8.1~8.4
硬度中程度の硬水〜硬水:8~12°d
飼育難易度難しい
サンゴとの飼育可能
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス第一背鰭が長大で、畳んだ状態での先端が概ね第二背鰭の起点を遥かに越える。
メス第一背鰭があまり大きくならず、第一背鰭先端が第二背鰭の起点に届かないか僅かに越える程度。
水槽内で好む高さ底床上、及びライブロック上。
混泳での注意点気性:大人しい
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  

この仲間は人工飼料に餌付き難く、ヨコエビ類等の底性微小動物の豊富に湧いた水槽でないと痩せ易いとされる。
冷凍ブラインシュリンプ等を目の前に落としてやる事で餌付けるが食べる速度が遅く、更に一ヶ所に留まって食べ続ける事が出来ない性格もあってずっとこれを続ける事は難しいと思われる。また、こうした冷凍餌類では混泳魚がいると餌の横取りもされ易い。
覚悟を決めて冷凍餌と人工飼料を混ぜて与えて徐々に人工飼料に餌付けるか、十分に底性微小動物の発生したある程度のサイズの水槽にて匹数を抑えて飼育するかの選択になると思われる。(ただし、前者の場合結局人工飼料には餌付かない場合もある。)


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています