現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ラビットイヤー・ロータス

ラビットイヤー・ロータス  

その名の通りうさぎの耳に似た切れ込みの深い楕円形の葉が特徴です。

スイレンの仲間としては珍しく、浮葉を出さない種で、完全に水中葉での維持が可能です。柔らかで透明度が高く小さな班が綺麗な葉ですが、最大で20cmと大型になるので他の水草に比べて存在感があります。
そのためスイレンの仲間としては手軽な本種ですが、センタープランツとして導入するのが現実的だと思います。

うまく育てると水槽でも水上に白い花をつけます。


Photo  

ラビットイヤー・ロータス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名ロータス
学名Nymphaea oxypetala
英名
分類スイレン目、スイレン科、スイレン属
Order:Nymphaeales,Family:Nymphaeaceae,Genus:Nymphaea
分布ブラジル
栽培難易度普通
必要な光量*120W蛍光灯×2~3
CO2添加*2必要(1秒に1/3滴)
底床ソイル
水質適正水温20~26℃
Ph
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ40~200cm
葉のサイズ12~20cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草×
増やし方根茎から子株を株分け
成長速度遅い
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

CO2と光量は必要。

水中葉に特化したと言っても水面付近まで伸びて光を得ようとする性質は他のスイレンと変わらず、長期維持すると茎が長く伸びて水面(付近)を独占します。
そのため、茎が長くなる葉をカットして、背の低い状態を維持する方法が一般的ですが、あまり切り過ぎると休眠状態になるので調整が必要です。

比較的最近流通しだした種で、中性から弱アルカリ性が適しているという情報もあるが、詳しい情報はない。
弱酸性の一般的な水質でも問題なく増えます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例