現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ミクロシノドンティス・バテシィ

ミクロシノドンティス・バテシィ  

コンゴ川原産の小型ナマズ。

ナマズらしくない細長い体で、チョコレート色の体色をしている。体側には5本程度の不鮮明で途切れがちな白いバンド模様が入る。2本の長いヒゲを持ち、残りの4本のヒゲは枝分かれている。

サカサナマズ科に属しているが、逆さになることは無い。


Photo  

ミクロシノドンティス・バテシィ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Microsynodontis batesii (Boulenger, 1903)
英名African Bumblebee Catfish、Nyong Syno
分類ナマズ(Siluriformes)目、サカサナマズ(モコクス)(Mochokidae)科、ミクロシノドンティス(Microsynodontis)属
通称
分布カメルーン、ガボン・コンゴ川
最大体長8.5cm
寿命5~8年
人工飼料冷凍飼料活餌。なんでも食べる。沈水性の小型の餌が向いている。
適性な水質温度24~27℃
PH6.4~7.0
硬度軟水~硬水:8~18°d
飼育難易度難しい
繁殖難易度水槽での繁殖は例がなく詳細不明。飼育者の加筆を求む。
オスメスの見分け方オス性差は判断が難しいようだ。
メス性差は判断が難しいようだ。
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:大人しい
気が弱いので動きの激しい魚との混泳は不可。
気をつけたい病気白点病
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*119匹

特徴・飼育上の注意  

生息地は流木や落ち葉などが堆積した環境。非常に臆病で流木の影から影へ隠れて移動するため、前面に出てくることはあまりない。
落ち着かせるためにも複数匹で混泳するようにしたい。

餌は人工飼料でも問題なく食べる。沈水性の小さな餌が向いている。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています