現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > マーブル・ボドワード

マーブル・ボドワード  

ペルー原産の大型ナマズ。

最大で70cmもの長さになり、体重は7.5キロにもなる。
幼魚の頃は名前の通りマーブル模様だが、成長するに連れてナマズらしい真っ黒の体色に変化する。
皮膚が厚く、非常に丈夫で、体側に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute、もしくはぜんご)と呼ばれる鱗が発達する。
ヒゲが長く左右に3本ずつ、計6本生えている。

基本的には大人しく底を漂っていることが多いが、体も口も大きく雑食性のため混泳は大型魚限定となる。

野生では遡上することが知られており、3月頃に下流に移動し、10月になると再び上流に遡上する。ふとした時にその遊泳力を表すので、ヒーターカバーや丈夫な水槽で飼育する必要がある。


Photo  

マーブル・ボドワード
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Pterodoras granulosus (Valenciennes in Humboldt & Valenciennes, 1821)
英名Granulated Catfish、Armado、Bacu、Common Bacu
分類ナマズ(Siluriformes)目、ドラス(Doradidae)科、プテロドラス(Pterodoras)属
通称ボドワード
分布ペルー
最大体長70cm
寿命8~12年
人工飼料冷凍飼料活餌。なんでも食べるが、イトミミズや赤虫を好む。
適性な水質温度20~24℃
PH6.4~7.4
硬度軟水~硬水:6~16°d
飼育難易度普通
繁殖難易度詳細は不明だが養殖されており、アルビノ個体も流通することがある。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:大人しい
口にはいるサイズは捕食してしまうので、小型魚との混泳は避ける。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど隠れ家になる流木、ヒーターやサーモスタットなどのカバー
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  

翼のように広がる胸ビレを持ち、体も堅いため奥行きが最低でも60cm以上ある大型の水槽が必要となる。

雑食性で現地では水草や魚、貝類などを食べている。人工飼料にも問題なく慣れるので沈水性のタブレットを与えよう。餌食いが良く、水槽内では太りやすい。腹が膨れて死んでしまうことがあるので餌は控えめに与えよう。

水槽ではぼってりと太ってプロポーションが悪くなることが多いので、餌は控えめのほうが良い。

基本的には大人しく底を漂っていることが多いが、体も口も大きいため、混泳は大型魚限定となる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています