現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑汽水魚図鑑 > マッドスキッパー

マッドスキッパー  

アジア全般・インド太平洋沿岸域など日本にも生息するハゼの仲間。
特定の種を指したものではなく、トビハゼ属の総称として流通名に使われる。

干潟など、泥のある浅瀬をジャンプして移動することからマッドスキッパーと呼ばれている。
日本ではトビハゼと呼ばれている。

飼育に関しては情報が少なく、不明な点が多い。
飼育者の加筆を求む。


Photo  

マッドスキッパー
 

476.jpg
写真提供:吉田観賞魚販売 陸が好き!という変な魚です。
発泡スチロールを浮かせた上にエサを置くと、登ってきます。
[編集]

画像をここにアップロード
写真提供:[編集]

画像をここにアップロード
写真提供:[編集]

写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Periophthalmus argentilineatus (Valenciennes, 1837)
英名Barred mudskipper
分類スズキ(Perciformes)目、ハゼ(Gobiidae)科、トビハゼ(Periophthalmus)属
通称トビハゼ、トントンミー、バードマッドスキッパー
分布インド太平洋沿岸域
最大体長10cm
寿命15~20年
自然下では昆虫
適性な水質温度25~30
PH7.5~8
硬度8~18°d
塩分の割合海水の1/3~1/2の塩分
飼育難易度普通
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ
混泳での注意点気性:大人しい
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています