現在位置 : トップページ水草図鑑コケ・シダ図鑑 > ボルビティス・ヒュディロッティ

ボルビティス・ヒュディロッティ  

透き通るように透明なシダ植物らしい葉が広がるように成長します。流木の先や、尖った岩場でも、活着する使いやすい水草です。

ミクロソリウムに比べると葉が細かく、密に葉が重なる点も優秀です。
また水中では胞子のうを付けないので、葉の裏に付く黒い点々が苦手という方にもお勧めです。

成長が遅く手間がかかりませんが、本種のみでレイアウトを完成させようとすると長い時間がかかります。以外に気をつけないといけないのが、そのサイズです。
上手く成長すると20cmほどの長い葉が上下左右に広がるとかなりのボリュームになります。メインプランツとして導入する場合はいいですが、サブで使うには存在感がありすぎるというデメリットもあります。


Photo  

ボルビティス・ヒュディロッティ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Bolbitis heudelotii
英名
分類ウラボシ目、ツルキジノオ科(ツルキシノオ科)、ヘツカシダ属
Order:Polypodiales,Family:Lomariopsidaceae,Genus:Bolbitis
分布アフリカ熱帯地
栽培難易度やさしい
必要な光量*120W蛍光灯×1
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~27℃
Ph5.0~7.2
GH(総硬度)1~13
KH(炭酸塩硬度)3~8
サイズ全体のサイズ20cm
葉のサイズ10~20cm
タイプ水中葉
水上葉
浮き草×
増やし方株分け
成長速度非常に遅い
活着
レイアウトしやすい配置前景×
中景
後景

栽培上の注意  

栽培は簡単で光が弱くてもCO2が無くても枯れることはありません。
成長を早めたい場合はCO2を添加すると成長が早まり、綺麗な気泡が見られます。もっと成長を早めたいと、導入時に強い光を当てるとコケることが多いので注意してください。

またミクロソリウム同様、高温に弱いので夏場の水温管理に注意してください。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例