現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ベタ・マクロストマ

ベタ・マクロストマ  

頭から尾ビレまではいる黒いラインと、尾ビレの根元に入る黒いスポット模様が特徴。エラにもレッドスポットが入る。オスのほうが赤みが強く、メスは茶色の体色をしている。
何と言っても11cmと大きいので驚く。口も大きく、コオロギなども食べられる。飼育は他のベタと違い、ビンなどでは飼育できない。大きめの水槽で濾過をして清潔な水を心がけよう。
トリガーさえつかめれば繁殖は容易だが、まだ流通量が多いとは言えず、ワイルド物は特に高価だ。

多くのファンを持つベタ。飼育が容易で繁殖も楽しめ、何より色とりどりの体色と、美しくなびくヒレが見るものを魅了する。コンテストやショーも盛んで、現地でも多くの愛好家がいて、ブリードも大々的に行われている。
大きく分けると、ワイルドベタ?トラディショナルベタ?プラカット?ショーベタ?に分かれる。
ワイルドとは現地で生息する原種。
トラディショナルベタとはスプレンデンスグループの改良種。
プラカットとはトラディショナルグループの改良品種の中でも闘魚と呼ばれる賭けの対象として戦うことを専門に改良された種。
ショーベタとは明確な区分は無いが、ヒレの形などがショーで区分されて確立されているものを指す。
まるで金魚のように、愛好家たちが品種を改良していている。これからも多くの美しい種が生み出されることだろう。


Photo  

ベタ・マクロストマ
 
samplefile.jpg
写真提供:[編集]
DSC_3318.JPG
写真提供:[編集]
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Betta macrostoma(Regan, 1910)
英名Brunei Beauty、Spotfin Betta
分類キノボリウオ亜目(アナバス亜目)、オスフロネムス科、ベタ属(トウギョ属)
通称ベタ・マクロストマ、ブルネイビューティー
分布インドネシア
最大体長11cm
寿命2〜3年
人工飼料冷凍飼料活餌。綺麗な色揚げを狙うなら、冷凍赤虫やイトミミズ、ミジンコ、ブラインシュリンプを組み合わせてあげよう。口が大きくコオロギなども食べられる。
適性な水質温度24〜26℃
PH6.5〜7.5
硬度軟水:6〜10 °d
飼育難易度普通
繁殖難易度普通。基本的にはベタ・スプレンデンスを参照して欲しい。本種はマウスブルーダーでばら蒔くように産み落とした卵をオスが咥えて孵化まで守る。そのため泡巣を作ったりはしない。データ以上に低PHで維持するとトリガーになるとの情報あり。卵をオスが食べてしまうことがあるので確実に増やしたい場合は強制的に吐き出させる必要がある。
オスメスの見分け方オスヒレにラインが入るのが特徴
メスヒレはあまり伸びず色合いも地味
水槽内で好む高さ上層
混泳での注意点基本的にはベタなので争うが、ベタ・スプレンデンスに比べれば大人しく、隠れ家さえ作れば同種での混泳は可能。
気をつけたい病気コショウ病白点病水カビ病?
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの止水域に生息していることと、長いヒレに改良されているので泳ぎが苦手で、水流を生むものを嫌う。オスの泡巣を消してしまうおそれがあるので、エアレーションやファンとの相性も悪い。
60cm水槽での適正な飼育数*15匹

特徴・飼育上の注意  

本種はベタの中では水質に敏感で、綺麗な弱酸性の水を用意したい。水が汚れるとコショウ病にかかりやすいので注意しよう。
ラビリンス器官と呼ばれる呼吸器官で水面から呼吸可能で、フィルターのないビンで飼育できることも知られている。しかしビンではあまり良い環境とは言えず、20cm程度のプラケースでもいいので用意してあげよう。特にヒレが長く伸びるショーベタなどは綺麗にフレアリング?させるためにもある程度の水槽の高さが欲しい。ヒレをきれいに成長させるためにもオス同士をケース越しに近づけたり、鏡を使ってフレアリング?させよう。(ずっとし続けると疲れてしまうので10分程度で十分)
現地では弱酸性のブラックウォーターで生息しているのでマジックリーフ?で人工的に似た環境を作ってあげると病気の予防やヒレの保護に良い。水換え時にひとつまみの塩を加えてあげることでもビレの保護になる。
その強い適応範囲とこなれた水が良いことから、水換えを極力しないといった飼育法もある。しかしそれでは管理が難しく、水カビ病?の発生にもつながるので、フィルターがある場合は週に一度、ない場合は3日に一度、半分程度の水換えをしたほうがいい。

繁殖は基本的にはベタ・スプレンデンスを参照して欲しい。本種はマウスブルーダーでばら蒔くように産み落とした卵をオスが咥えて孵化まで守る。そのため泡巣を作ったりはしない。データ以上に低PHで維持すると良いとの情報あり


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています