現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ブルーストライプ・シクリッド

ブルーストライプ・シクリッド  

本種が属するMelanochromis属は特徴がよく似ているものが多く、分類が難しい。詳しく解説された文献も無いのが現状。
そのため正確にはMelanochromis属の、特徴の似た種の総称として流通している。

海外ではMelanochromis johanniiとして紹介されるが、明らかに模様の違うものも一緒くたになっている。
共通する特徴としては、濃紺の体色に淡い青のラインが2本程入ること。それも成長するにつれストライプ状になるものも居れば、不鮮明でとぎれとぎれに残るものもいる。

メスは成熟すると全身がイエローで背ビレにブラックのラインが入る。このメスの体色は極端にイエローにはならず、青みがかったままの種もいる。

※このページはまだ未完成です
ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。

Photo  

ブルーストライプ・シクリッド
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Melanochromis johannii (Eccles, 1973)
英名Bluegray mbuna
分類スズキ(Perciformes)目、カワスズメ(キクラ、シクリッド)(Cichlidae)科、メラノクロミス(Melanochromis)属
通称メラノクロミス・ヨハンニィ
分布アフリカ・マラウィ湖
最大体長10cm
寿命3~8年
人工飼料冷凍飼料活餌など。何でも食べるが、草食性が強いので、スピルリナなど植物質の多い餌を与える。
適性な水質温度22~25℃
PH8.0~8.0
硬度軟水~硬水:9~19°d
飼育難易度普通
繁殖難易度普通
産卵はマウスブルーダー。
メスが1~2つの卵を産むと、素早く口に含む。その後オスが尻のあたりから出す精子を口に含むことで、口の中の卵に受精させる。
これらの動作がクルクルとダンスをするように繰り返す。
稚魚のエサはブラインシュリンプで問題ない。
オスメスの見分け方オス
メス全身がイエローで背ビレにブラックのラインが入る
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点気性:攻撃的になることがある
基本的にはペアでの飼育推奨。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*15匹

特徴・飼育上の注意  

基本的な飼育方法は共通で、アフリカンシクリッドということで弱アルカリ性の水を好む。
底床を掘って巣を作る習性があるため、底床は細かな砂。隠れ家を作るのに複雑に組んだ石組みや流木が効果的。

シクリッドらしく攻撃的な物が多く、同種で混泳するとオス同士はしつこく喧嘩をするので注意が必要。複数混泳する場合は大きな水槽で、隠れ家となる複雑なレイアウトが必要。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています