現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > ピンクパール

ピンクパール  

ピンクルビーに似た淡いピンクと花弁のイエローが美しく融合した花を咲かせます。
本種のほうが花弁が多く、より高級感があり優雅な印象を受けます。花弁の大きさが最大で30cm程度と大きく、水面から40cmと高い位置で咲きます。

花だけでなく、葉も大型になるため、かなり大型の鉢が必要になります。環境に合わせて小さな葉や花を咲かせるので、家庭でも楽しむことができます。

他の熱帯性スイレンと同様に日当たりに注意してください。


Photo  

ピンクパール
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Nymphaea "Pink Pearl"
英名
分類スイレン目、スイレン科、スイレン属
Order:Nymphaeales,Family:Nymphaeaceae,Genus:Nymphaea
分布
栽培難易度普通(野外の場合)
必要な光量*1
CO2添加*2
底床ソイル
水質適正水温20~30℃
Ph6.5~7.5
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ40~200cm
葉のサイズ15~25cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方根茎から子株を株分け
成長速度
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

熱帯性スイレンを栽培するポイントはなんといっても日当たりです。十分な日光を確保しなければ綺麗な花は見られません。

熱帯性なので野外で越冬はできません。翌年も楽しみたい場合は葉や花を取り除き、塊茎(かいけい)を水に沈めた状態で室内に移動します。

4~5月に暖かくなってから野外に戻すと再び芽吹きます。夏場に十分に養分を蓄えた塊茎であることと、一日中日当たりが良いことが条件になります。

以上の点に気をつければ、温帯スイレンと同じように栽培すれば問題ありません。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例