現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > バンジョーキャット

バンジョーキャット  

三味線に似た楽器である「バンジョー」に似ていることからバンショーキャットと呼ばれる。その扁平な体形から葉っぱや枝に擬態していることは容易に想像がつく。
実際非常に臆病で夜行性のため、最適な環境を作るとめったにお目にかかれなくなるという飼い主泣かせな性質を持つ(笑)そのためどちらかと言えばマニア向けの魚と言えるだろう。
同じ名前で多くの別種が流通しているが性質がよく似ているため正式な学名を調べてみるのもいいかもしれない。

ちなみに同じような体形でジャイアント・バンジョーと呼ばれる種がいるが、あちらはアマラリア属で本種とは違う。生態も異なる。


Photo  

バンジョーキャット
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Bunocephalus coracoideus(Cope, 1878)
英名Banjo Catfish、Guitarrita、Bicolor Banjo Catfish
分類ナマズ目、アスプレド科、パロトシンクルス(Bunocephalus)属
通称バンジョーキャット
分布南米:アマゾン川流域
最大体長15cm
寿命8年
人工飼料冷凍飼料活餌。沈下性のキャットやコリタブが向いている。イトミミズ赤虫も好物。人工飼料に餌付きづらいところがあるのでその場合は消灯後に赤虫をあげよう。
適性な水質温度25〜28℃
PH5.8〜7.8
硬度非常な軟水〜硬水:5〜19 °d
飼育難易度普通
繁殖難易度難しい。自然下ではグループで生息するが、水槽内ではペアで飼育したほうが成功しやすい。洞窟や周りを囲まれた場所に産卵する、ケーブスポウナー。非常に多くの卵を産むことで知られ一度に5000個ほどの卵を産み3日ほどで孵化する。そのため稚魚は非常に小さくインフゾリア?を与える必要がある。
オスメスの見分け方オス見分けるのは困難だがスマート
メス一般的にプレコはメスが小さく腹部がふっくらとします
水槽内で好む高さ底層
混泳での注意点大人しいので多くの魚と混泳できる
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど隠れ家となる土管や流木。砂に隠れる性質を持っているので角のない砂状の底床
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*17匹

特徴・飼育上の注意  

臆病でストレスに弱い。しっかりと隠れ家を作り、本種の好む砂状の底床を用意してあげれば問題なく飼育できる。昼間は隠れてあまり出てこないがそれが元々の生態なのでしょうがない。
砂に隠れる関係上、底床の掃除は必須事項でしっかりと行うようにしたい。特に肉食魚との混泳や、赤虫などをエサで与えてる場合は底床を毎回掃除しよう。

繁殖は難しいが可能。自然下ではグループで生息するが、水槽内ではペアで飼育したほうが成功しやすい。洞窟や周りを囲まれた場所に産卵する、ケーブスポウナー。非常に多くの卵を産むことで知られ一度に5000個ほどの卵を産み3日ほどで孵化する。そのため稚魚は非常に小さくインフゾリア?を与える必要がある。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています