現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > バルーン・モンクホーシャ

バルーン・モンクホーシャ  

ブラジル・パラグアイ川、ウルグアイ川原産のテトラ。

別名レッドアイ・テトラという名前から分かる通り、赤い目が特徴。尾の付け根と、背ビレ・尻ビレが黒くなる。
本種はそのバルーンタイプで寸詰まりでかわいい雰囲気になっている。その分、オリジナルに比べると泳ぎが苦手だが、元々遊泳力のあるタイプなので餌が取れないといったことはない。

かなり広い範囲の水質に対応することができるため、初心者でも安心して飼育できる。


Photo  

バルーン・モンクホーシャ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Moenkhausia sanctaefilomenae var. (Steindachner、1907)
英名Yellow Banded Moenkhausia、Red eye tetra
分類カラシン(Characiformes)目、カラシン(Characidae)科、モエンクハウシア(Moenkhausia)属
通称
分布ブラジル・パラグアイ川、ウルグアイ川
最大体長6cm
寿命3~5年
人工飼料冷凍飼料活餌など。なんでもよく食べる。植物性の餌が向いてる。
適性な水質温度22~28℃
PH5.5~8.5
硬度軟水~中程度の硬水:6~15 °d
飼育難易度やさしい
繁殖難易度やさしい
繁殖も行える。
オスメスをそれぞれ5匹程度の入れておけば頻繁に卵を産む。ばら撒き型で、卵が親魚に食べられないようにする仕組みが必要。
小さな穴の空いたプラケースやモスを入れておくと良い。
卵は1日から1日半で孵化して2~3日程度で泳ぎ出すので、インフゾリア等を与える。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ上層~中層
混泳での注意点気性:攻撃的になることがある。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど驚いた時など飛び出すことがあるので水槽の蓋
避けたほうがよいもの水草は食べられてしまうので注意。
60cm水槽での適正な飼育数*19匹

特徴・飼育上の注意  

かなり広い範囲の水質に対応することができるため、初心者でも安心して飼育できる。

気が強いところがあり、他種を追い回したりヒレを齧る事がある。他種との混泳はあまりおすすめできない。
同種である程度過密に飼育すると回遊魚のように水槽内をところ狭しと泳ぎまわるので、動きのある水槽を作りたい場合にはおすすめできる。

柔らかい水草を食べると紹介されることがあるが、かなり多様な水草を食べてしまう。水草を入れるとしたら金魚水槽に金魚藻といった感じで、餌になる前提として入れよう。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています