現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ハイフェソブリコン・エルドラド

ハイフェソブリコン・エルドラド  

コロンビア、メタ川原産の小型テトラ。

扁平でひし形の体型をしている。オスは成長すると背びれが伸長し、黒いスポットが出る。
婚姻色が強く出ると、各ヒレに赤みが強くなり、鰓蓋の後ろにエメラルドグリーンの三日月型の模様が出る。各ヒレの先端には白い模様も出る。

まとまった数での入荷は少なく、ロージー・テトラレッドファントム・テトラに似ているため、混じって入荷する。
別名「コバルトロージー・テトラ」という名前でも流通するが、コバルト色になる部分は皆無。過去に同名で入荷していたものと別種という説や、入荷の際に紹介された不鮮明な写真が原因で名付けられたという説がある。

正確には学名は判明しておらず、ロージー・テトラの亜種との説もある。飼育に関してはロージー・テトラに準ずる。

複数匹で飼育するとフィンスプレッディングをするため、オスの背びれが綺麗に成長する。
一番強い個体が最も綺麗な色になる。

臆病な性質で5匹程度のまとまった数で飼育したい。
中層から飛びつくようにエサを取る姿は野性味があって楽しい。飼育に関しては導入時さえ乗り切れば丈夫で飼いやすく、初心者にお薦め。
さらにこの種は小型カラシンとしては繁殖が容易に楽しめる。水草が茂っていれば自然に稚魚が泳いでいるのを見ることもある。
熱帯魚の繁殖に挑戦したい人にとって丁度よい入門種と言える。


Photo  

ハイフェソブリコン・エルドラド
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Hyphessobrycon sp.
英名
分類カラシン目、カラシン科、ハイフェソブリコン属
通称ハイフェソブリコン・エルドラド、ハイフェソブリコン sp.、コバルトロージー・テトラ
分布コロンビア、メタ川原産
最大体長4cm
寿命
人工飼料冷凍飼料活餌選ばずなんでもよく食べます。
適性な水質温度24〜28℃
PH5.8〜7.5
硬度中程度の硬水〜硬水:10-20 °d
飼育難易度やさしい
繁殖難易度普通。小型カラシンの仲間では特に容易なほうだ。水草をジャングルのように密生させておけば自然に増えることもまれではない。稚魚が小型なため確実に増やすなら成熟した数ペアを別水槽に隔離して産卵させよう。卵は粘着性は無く、非常に小さいものを水槽の底にばらまくように産むタイプです。稚魚はヨークサックで数日間成長する。ヨークサックを使い切ると遊泳するようになるので、その時点でエサやりを開始する。他の小型カラシンと違いブラインシュリンプもすぐに食べられる。生存率をあげるには多めにあげるといいが、水も早く汚れるため少量をこまめに水替えする必要がある。次第に細かな人工飼料へとエサをシフトしていく。2cmを超えれば完全に親と同じ体型になります。
オスメスの見分け方オス繁殖期にはヒレと体が赤く染まる。成長すると背びれが大きくなり、伸長する
メスオスよりも地味な色彩をしている
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点同種同士では多少追い回しがあるが水草で隠れ家を作れば問題ない。臆病な性質があるのである程度まとまった数で飼うと状態よく育つ。
気をつけたい病気カラムナリス症?白点病
推奨されるアクセサリなど隠れ家を作るための水草など。驚いて飛び出すことがあるので蓋が欲しい。
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*133匹

特徴・飼育上の注意  

複数匹で飼育するとフィンスプレッディングをするため、オスの背びれが綺麗に成長する。
一番強い個体が最も綺麗な色になる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています