現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ハイナン・リザードフィッシュ

ハイナン・リザードフィッシュ  

リザードという名前が示す通り、トカゲのような雰囲気を持つ魚。
ベージュとブラウンの複雑に絡み合った体色から、川砂の迷彩をしていることが分かる。

流通が少ないため、水槽での飼育に関してはあまりデータがなく、詳細は不明。

※このページはまだ未完成です
ページの編集をしていただける編集者を募集しています。一部のみの編集でも歓迎します。気軽に参加してください。

Photo  

ハイナン・リザードフィッシュ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Vanmanenia hainanensis (Yi-Yu Chen & C. Y. Zheng, 1980)
英名
分類コイ(Cypriniformes)目、タニノボリ(Balitoridae)科、バンマネニア(Vanmanenia)属
通称海南リザードフィッシュ、バンマネニア・ハイナネンシス
分布中国・海南島
最大体長7.5cm
寿命
適性な水質温度22~26℃
PH弱酸性~中性
硬度
飼育難易度難しい
繁殖難易度繁殖に関しては例がなく詳細不明。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  

水槽での飼育に関してはあまりデータがなく、詳細は不明。
どうやら同じ中国系のタニノボリ科同様に、水流がある溶存酸素度の高い水を好み、汚れた水と高温に弱いようだ。

餌についても不明で、恐らく人工飼料には餌付きにくく、石やガラス面のコケを食す。植物質の高いコリタブに餌付かせることができるかどうかで飼育難易度は大きく変わる。
販売しているショップで餌付けが上手く行っているものを購入するのが良い。ショップに居る時点で絶食により弱っている個体も多いので、購入時は注意が必要。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています